1974年、巨人V9を阻止した優勝を含む10年だ。

1970年代の単年成績ベストナイン。
野手はRC順。先発投手は最多勝。クローザーは最多セーブ

1970-CD

1970-CDP


捕手は中日史上最強捕手の木俣達彦。

一塁と三塁は、大島康徳。優勝年に外野から三塁にコンバートされ、1979年に一塁手になった。

二塁はご存じ高木守道。遊撃手はレギュラーになったばかりの宇野勝、規定打席未満だったが長打が目立った。

左翼は井上弘昭、広島から移籍して1975年は広島の山本浩二と激しい首位打者争いをした。

中堅はいい選手がいなかったが、1975年から2年在籍したローン・ウッズ。10捕殺と肩が良かった。

右翼は谷沢健一。巨人に移籍した張本勲とデッドヒートを演じ、首位打者を獲得した。翌年は一塁にコンバートされた。

優勝した1974年の選手が誰も選ばれていない。立役者の一人、トーマス・マーティンは一塁で80.45でベストナインに選ばれている。

投手は先発が稲葉と松本が20勝。この時期のエースと言えば星野仙一だが、星野は1975年の17勝が最多で、一度も20勝を挙げていない。名前が上がらないのは残念。
クローザーは鈴木孝政。颯爽たるマウンド姿が印象に残っている。


2020年石山泰稚、全登板成績【ホールド相当の引き分けが8つ】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!