ここ10年の記録である。昨日、楽天のキャンプを見てきて久々に田中将大を見たので、感慨深い。

2010年から2020年、野手は各ポジションRC1位、投手は勝利、セーブ、ホールド1位

2010-RE

2010-REP


このころから生え抜き選手が中心になる。

捕手は嶋基宏。東日本大震災でのあのメッセージは歴史に残る。今年ヤクルトの二軍キャンプで見た。元気だった。

一塁は銀次。イチローに似たタイプの安打製造機。

二塁は西武から来た浅村。このFA移籍は本当に大きい。彼はこれからいい仕事をするだろう。

三塁は優勝時のケイシー・マギー。MLBでもレギュラーだった。一度アメリカに帰ってから巨人に行った。

遊撃は茂木。彼でしばらく安泰かと思ったが、昨年は小深田にポジションを奪われた。

左翼は島内。数年前から成績が安定してきた。

中堅は聖澤。草創期からリードオフマンとして活躍したが、盗塁王1回で引退してしまった。

右翼は鉄平が引き続き入る。地味だがいい打者だった。

DHはブラッシュ。RBIイーターで勝負強かったが、あっさり戦力外に。初優勝時のアンドリュー・ジョーンズはRC88.66だった。

先発投手は何といっても2013年の田中将大。これは球史に残る。
クローザーは松井祐樹。素晴らしく奪三振率の高い左腕。
セットアッパーは2017年のハーマンだった。


2020年S.パットン、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!