西鉄ライオンズの全盛期は短かった。60年代に入ると低迷期を迎え1969年の「黒い霧事件」でとどめを刺されるのだ。
1960年代、野手はそのポジションのRC1位、投手は最多勝

1960-Lions

1960-LionsP



捕手の和田は俊足巧打。指導者としても優秀で、アメリカ野球留学の道を拓いた。早世が惜しまれる。

一塁は外国人選手のアグリー、大洋から移籍して1年目だった。

二塁はバーマ。ウィルソン、ロイとともに外国人トリオは西鉄の名物だった。

三塁は城戸。三振が多い荒っぽい打者だったが長打があった。

遊撃は引き続き豊田。しかし1963年には国鉄に移籍する。

左翼は左打ちのシャープな打者、玉造。

中堅は引き続きキャップ、高倉。

右翼は西鉄では5番打者だった田中久寿男。田中と高倉は巨人に移籍している。

そして投手は42勝、NPB最多タイの記録を上げた稲尾。この年西鉄は優勝していない。1963年を最後に稲尾の成績は急落する。


2020年S.パットン、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!