森喜朗の後任には、橋本聖子五輪相、橋本聖子の後任には丸川珠代参議院議員。見事に「わきまえた女」が起用されたものだ。

森喜朗が川淵三郎を後継指名したのは、あとから考えれば「錯乱していた」ということになろう。川淵三郎は「わきまえない男」であり、気に入らないことがあれば人をどやしつけるだろうし、政府にだって楯突くだろう。そうやって実績を作ってきたのだから。

今の日本政府は、五輪に対して厭戦気分が漂っている国民を何とか丸め込んで「開催」の世論へと持っていこうと思っている。政府内部でも開催は難しいという認識は生じているだろうが、少なくとも「国民が嫌がっているのに政府が無理やり五輪を開催しようとしている」という今の認識は変えていかなければならない。
川淵三郎は、「何言ってるんだ、五輪はやると言ったらやるんだ」と国民に言い放って反発を買う可能性も、「政府は馬鹿じゃないか、こんな状況でやれるわけないじゃないか」と楯突く可能性もあった。どっちに転がってもリスクだったわけだ。

IMG_0131


しかし橋本聖子は、細田派で森人脈ではあるが、五輪に「これでもか」というくらい出場している。国民的人気もそこそこある。丸川珠代はこれまた細田派で、森友事件で官僚に口裏合わせを強要する気持の悪い質問をしたことからもわかるように「上の言うことは何でも聞く」都合の良い女性である。
2人は女性である以前に陣笠議員であり、稲田朋美のように覚醒したりしていないから、どう転がっても下手を打つことはない。

日本国民のレベルはたかが知れている。菅義偉が不気味な半眼でパンケーキを食べただけで「かわいい」という程度、ちょろいもんである。
女を二人看板にしておけば、世論は変わるだろう、と政府は思っている。なめられたものである。

しかし新型コロナ禍によって、国民は為政者が、一般人の生命安全よりも、別のものを優先していることに気が付いてしまった。
一般人を危険にさらしてまでも、GoToを強行したのもそうであるし、パンデミックが終息していないのに東京五輪を強行しようとしているのもそうだ。

冷静に考えれば、我々にとって、東京オリンピックは具体的なベネフィットを何一つもたらさないイベントだ。莫大な税金を使って建物を作り、海外から人を呼ぶが、その建物に一般人は入ることができないし、競技を見るのも難しい。
一般人はテレビの画面から、競技の実況を見る以外にはできない。別に東京でやっていようと外国だろうとかまわないのだ。
日本人選手が勝てばうれしいが、それとても自分の生活には何も影響がない。
そんなことは、新型コロナ禍に比べれば、どうでもいいことなのだ。

端的に言えば今の日本は「オリンピックどころではない」状況なのだ。
その認識を共有していない政府も、五輪組織委員会会長も、五輪大臣も、国民の方を向いてはいないのだ。

だまされてはいけない。



2020年S.パットン、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!