2月19日時点での、各国の感染率のランキングを出してみた。今、感染者の報告がある国は188である。
1位から50位まで

01-50


全世界の感染率は1.458%、1位はヨーロッパの小国アンドラの13.82%、つまり7人に1人弱が感染したことになる。
以下、ヨーロッパの国が続き、6位にワクチン接種率が40%まで進んだイスラエル。世界最大の感染者数のアメリカは感染私立でも8位、11人に1人が感染している。これは深刻である。

そして50位までの国のうち33か国がヨーロッパ、そして中東、中南米だ。アジアやアフリカの国は入ってこない。

これらの国は白人、ラテン系の人々が多い。人種の問題なのか、彼らの生活習慣によるのかはわからないが、極めて特徴的だ。

51位から100位まで

51-100


ようやく52位に、アジア圏のモルディブが出てくる。64位からアフリカの国も出てくる。

ヨーロッパ系の国もあるがだんだんにアジア圏、アフリカ圏が増えてくるという状況だ。

これが何を示しているのか、はなかなか難しいが。



2020年S.パットン、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!