続いて人口比での感染率101位以降も見て行こう
101位から150位

101-150


アジア圏とアフリカ圏の国がずらっと並ぶ。アジア圏は新型コロナの感染率が低いと言われているが、このランキングはそれを反映している。

ただ、アフリカ圏も含めいろんな見方ができるだろう。
アジアだけでいえば、衛生観念が発達しているとか、刃具やキスのような生活習慣がないとか、欧米のような個人主義が発達していないとかいうことが言えるが、アフリカ圏の九にも感染率が低いのは、なぜなのか?

全く別の見方として、医療体制がぜい弱で、感染者数を負い切れていない国もあるのではないかということだ。ヨーロッパ圏は積極的にPCR検査を実施している。だから感染者が多いということもできよう。

日本は120位、感染者数が少ないのは民度が高いからとか、清潔を好む国民性とか言われる。それもあるだろうが、日本は世界でもPCR検査数が非常に少ない国の一つだ。為政者がオリンピックをどうしても実施したいために、数字を隠ぺいしている可能性もある。その点では、数字が全く信用できない中国と似たようなものだ。
さらに言えば東アジア圏では、日本は最も感染者数が多い。東アジアの水準でいえば、感染症対策がうまくいっていると断言できないだろう。

151位から188位

151-188


このあたりになるとオセアニアの国がたくさんならんでくる。上の表、145位にあるオーストラリアやこの表の163位にあるニュージーランドなどは白人が多い国だが、感染率は非常に低い。

これは南半球にあることが関係しているのか、あるいは島国で封鎖が簡単なためか。これらの国の生活習慣がヨーロッパ圏と異なっているのか、なかなか説明がつかない。

終息してからこういう問題についても研究結果を見たいと思う。



2020年S.パットン、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!