まだ混乱が続いているが、MLB傘下のマイナーリーグは、ようやく整理されて各球団の傘下のチームが発表された。かなり大きな表になるが、2019年と2021年の陣容について見て行こう。
基本的にはMLB傘下のマイナーチームは160チームから120チームに削減されたとしている。これ、球団別に見てみると、単純な話ではないようだ。

2019年と21年の陣容の比較 球団の上の数字は傘下の球団数

ア・リーグ東地区

ALE


いわゆるアフィリエイト、傘下チームは全球団AAA、AA、A+、A-各1チーム、計4チームに整理された。これらのマイナーチームは従来通り独立採算の別個の企業体であり、そこにMLB球団が選手を派遣する形だ。
昨年までのルーキーリーグはAZL、GCLの2リーグだが、球団傘下のチームではなく、MLB直轄という扱いのようだ。

2019年との比較でいえばShort-Season Aにあたるチームがなくなっている。独立採算の別個のチームだ。
さらにルーキーリーグでもチーム直轄でないチーム(親球団とチーム名が違うチーム)は契約解除となっている。
そして海外で、主としてドミニカでのルーキーリーグについては発表がない。

そうした変化だけでなく、MLB球団と個別に契約が変更になっているマイナーチームもある。ア・リーグ東地区ではヤンキース傘下のAAトレントン・サンダーが契約解除になっているのが目立つ。

ア・リーグ中地区

ALC


ツインズは傘下のマイナーチームが大きく変化している。タイガースは2019年のAのウェストミシガンがA+になり、A+だったレイクランドがA-になっている。

ア・リーグ西地区

ALW


アストロズAAAのラウンドロックはレンジャーズ傘下になっている。こういうことは普通にある。レンジャーズ傘下AAAのナッシュビルはブルワーズ傘下のAAAになった。

ナ・リーグ東地区

NLE


ナショナルズのAAAは日本ともなじみが深いフレスノだったが、ツインズ傘下のロチェスターになっている。

ナ・リーグ中地区

NLC


ブルワーズAAAのサンアントニオ・ミッションズはパドレスのAAになっている。これは格落ちなのか?代わりにレンジャーズ傘下AAAのナッシュビルが収まった。

ナ・リーグ西地区

NLW


大きな変化はないが、一番下のAZL、GCLにロッキーズの名前がない。

この状況なかなかややこしい。ただこれはリストラであり、多くのマイナーリーガーがチームを失ったのは間違いない。



2020年S.パットン、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!