TBS
楽天グループの三木谷会長兼社長は、東京オリンピック・パラリンピックについて開催に反対する考えをツイッターに投稿しました。
政財界からこういう声が上がったのは初めてだろう。

このツイートはあるやり取りから出たものだ。

一般人からの
「政府は五輪がファースト。その為のJリーグ・プロ野球。実績作りの道具にされているだけ。他のあらゆる事もきっとそうなのだろう。ミッキーさん(三木谷氏の愛称)には、Jリーグを通じて聞こえる政府の本音を公にしていって欲しい。あなたにしか出来ないと思う」
に応えて
「僕ははっきり今年の五輪開催はあまりに、リスクが高すぎると思っており、反対です」
「アスリートの方々には本当に申しわけないけど、一生懸命生きているのはアスリートだけでないので」


とツイートしたわけだ。このやりとり、うまく出来すぎている感も無きにしも非ず。

85d0e55df5c370440deb2b4eb5be3904_m


新型コロナ禍で「東京オリンピックどころではない」状況がここまで進行しながら、メディアや政財界から「中止すべきだ」という声がほとんど上がらないのは、彼らが多かれ少なかれステークホルダー、つまり「五輪にいっちょ噛み」しているからだ。

しかし三木谷さんは関与していなかったのだろう。楽天のビジネスにとって、経済の回復は最重要だと思うが、そのためにもオリンピックで「復興」を捏造するのではなく、本当の回復に向けてまともな手を打ってほしいと切望しているのだろう。

「僕は『政府はオリンピックでなく、ファイザー以外のワクチンの緊急承認、接種普及に全力を尽くすべきだ。プライオリティがおかしい。』と思う」


これもまことに正論だ。ホリエモンは大嫌いな三木谷さんのこの発言を「ポジショントーク」と言った。財界人として自分の利益を考えて発言しているのは間違いないが、今の日本ではそれさえも難しくなっている。ポジショントーク上等ではないだろうか。

こういう声がちらほらと上がり始めれば、政府も現実的な対応をせざるを得なくなるだろう。

今の政府は家の軒下に火の手が上がっても「まだ屋根に燃え移っていないから」と消防車を呼ぶのを躊躇するような愚かな政府だが、東京五輪も、にっちもさっちもいかなくなってから「中止」を決めるのだと思う。


年度別チーム第1号本塁打は俺だ! まとめリンク

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!