いつもながらプロ野球の監督交代の時の「大層さ」には辟易する。

(やや舌足らずだったので加筆)
中日ドラゴンズは、与田剛監督の退任が決まって、立浪和義に監督就任を要請したとのことだ。
端的に言って、この人事は球団が「監督なんて手腕で選ぶもんじゃない」と思っていることを意味している。

立浪は引退してから指導者の経験は全くない。解説者やいろいろなコメンテーターを務めているが、指導者経験の全くない人物に球団を託そうとしている。
中日史上最多安打記録の持ち主であり、殿堂入りもしているから、資格ありということなのだろうが、監督というのは現役時代に大選手だったからと言ってつとまるものではない。「ミスタードラゴンズ」だから、中日の指揮官になれるというようなものではない。

もちろん、栗山英樹など指導者経験なしから監督として成功した人はいるが、立浪が指導者として才能があると球団が見極めてのことではないだろう。
彼が「中日人脈」の大物で、人気者だったことから人選したとしか思えない。

この人事に似ているのは、政府の各省庁の大臣人事だろうか。「彼は当選何回だし、顔も売れてきているから〇〇大臣にしようか」みたいなことで、国の大事な政策をつかさどる大臣が決まるのである。
本来ならば、その政策のエキスパートがなるべきだが、単なる論功行賞になっている。そのために「USBがわからないIT担当大臣」みたいなのがでてきてしまう。

“立浪内閣”には、中村紀洋と片岡篤史の「入閣」も取りざたされているという、中村といえば現役晩年、ベンチの指示を無視して走者を「走るな」と威圧して2軍落ちした人物だ。片岡はPLの同期ではあるが、陣笠議員を大臣にするような感覚で、人事を決めるのだろう(修正)。

私としては、監督人事が「その球団の人気者、功労者のポスト」という風潮をそろそろ改めてほしいと思う。OBかどうかとは別に、今の野球をしっかり勉強しているか、とか、選手の育成に一過言があるか、とかもっと明確な基準で選考してほしい。「身内意識」に凝り固まっての人事には、全く魅力を感じない。

中日がダメなのは「金をかけない」からだ。今回のドラフトでも育成選手を取らずにたった6人を指名しただけだ。その分、クビにする選手も小幅になる。新陳代謝を図ることなく弱いチームが強くなることなどないはずだ。主軸のビシエドや、FA権を取得した又吉克樹の流出がうわさされているが、先立つものがなければ、引き留めるのは難しいのではないか。

立浪には「違法カジノ経営」に関する疑惑もある。前の野球とばく事件では、巨人を首になった投手が名古屋で立浪と遊んでいたという報道もあった。

ようするにこの人事は、メンツだけで球団を持っている中日新聞社の「延命措置」でしかないのだ。
思い切った改革をする気がないのなら、ファンはこの先も失望するだけだ。指導者を変えるより身売りをするほうが、よほど良い結果につながるだろう。


IMG_9022





省エネ投球でイニングを稼ぐ/2002~2021・9回100球未満投球者一覧

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!