「今日の試合は、今シーズンで最も重要な試合です。ご来場の皆様も検温、手指の消毒、しっかりしてご観戦ください」なぜか、球場前の警備員のおじさんが拡声器で叫んでいる。確かにそういう試合ではあった。
オリックスは千賀滉大にぶつけられた紅林弘太郎が3番遊撃で復帰。折れていなかったのだ。

IMG_7908


オリックス先発は山崎福也、ロッテは石川歩。

IMG_8006


IMG_8079


山崎は絶好調の荻野貴司に安打で出塁されるなど不安定な立ち上がり。レアードのタイムリーで1点先取。

IMG_8054


石川は飄々とした感じだが、2回に2安打されたものの、うまく打線をかわしている。

4回、山崎がつかまりロッテは打者一巡の猛攻で4点。これでほぼ試合が決まる。

IMG_8221


5回には2番手K-鈴木が2失点。

さらに9回、兼任コーチの能見がマウンドへ。144㎞/hの球速はあったが、恐らく球の切れが悪くて3連打を浴びて2失点。観客が帰り始める。

IMG_9157


ただ、この試合にはもう一つ見どころがあった。先発石川は8回を終わって88球。今季5度目の「マダックス」の期待がかかる。

福田と宗を2球ずつで仕留めるも、紅林に2球目を中前に打たれる。それでも94球。しかしここで杉本が右翼にホームラン。

IMG_8771


IMG_9377


場内は大盛り上がりである。
「マダックス」はなくなったが、石川は続くモヤを1球で仕留める。
97球で2自責点完投。完封するより球数が嵩むはずの完投で100球以下は、見方によってはマダックスよりすごい。

2019年5月22日、広島の大瀬良大地が中日戦で99球自責点1で勝って以来の記録だった。

ビールを売り出したのはいいが、客席ではマスクを外して大声で話す客があちらこちらに見える。「もうええやろ、みんな外してるし」という主体性のない判断でそうしている人が多いのだ。緩い光景だ。

IMG_2687


この調子では第6波は不可避だと思った。


省エネ投球でイニングを稼ぐ/2002~2021・9回100球未満投球者一覧

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!