京セラドームも居心地がいいとは言えないが、東京ドームは座席が狭く、居心地はさらによくない。また席の配置も1人置きではなく2人、1席明け、2人という配置だからよけいに狭くなる。
しかしこの大観客は久々に見た感がある。

IMG_9187


不思議ことにチケットは完売のはずなのに、京セラでも東京ドームでも最後まで空席があった。年間指定席も解除されているはずなので「買ったけど来なかった」ことになるか?スポンサー席かもしれない。転売サイトでは10万円前後になっているから、放出できればよかったのにと思う。

先発はヤクルトが小川泰弘、オリックスが田嶋大樹

IMG_0901


IMG_1087


田嶋が投げるということは「試合が長くなる」ということでもある。また両投手の成績から見て、点は入るだろうという予測もできる。救援投手勝負ともいえる。

3回、オリックスは紅林が初安打、伏見のゴロを遊撃西浦が失策。田嶋が送って福田が歩き、2番宗がタイムリー

IMG_1769


まだ1死、大量点が入りそうな気配だったがここで踏みとどまる。吉田正尚が小川から2打席連続三振。全くタイミングが合っていない。

5回裏、ヤクルトは1死から青木が安打。田嶋はここまで92球、中嶋監督はここで田嶋を下し、比嘉を投入。

IMG_2183


これはうまくいったが、ここで前回失点しているバルガスを上げる。よくわからない継投だ。

IMG_2244


案の定、バルガスは2者を歩かせる。満塁。替えるかと思ったが続投し、中村のタイムリー二塁打。宗の悪送球もあり3点が入る。

IMG_2262


IMG_2285


6回、ここまで小川に全くタイミングが合っていなかった吉田が火を噴く二塁打。

IMG_2358


続く杉本が右翼に一発。

IMG_2419


IMG_2422


これで同点。驚いたのは中嶋監督がバルガスを次の回も投げさせたことだ。中継ぎがそんなにいないのかと思った、しかしバルガスは6回を三者凡退に抑える。

7回からヤクルトはスアレス、先頭の伏見を歩かせ、1番福田も四球、ヤクルトはここで田口にスイッチ。二死から吉田が再びすごい二塁打。吉田は復活した。

IMG_2745


これでオリックスがリード。中嶋監督は今、最も信頼がおける吉田凌を上げる。しかし青木に安打を打たれ、二死後、サンタナの逆転の一発。

IMG_2914


客席からはよくわからなかったが失投だったようだ。

ヤクルトは7回終わりから投げた石山が8回も好投。

IMG_2925


高津監督は初戦で1死も取れず負けたマクガフを最終回のマウンドに上げる。これは大勝負だ。

IMG_3024


いきなり若月に安打を打たれ、二死後吉田正との対戦は避けて、杉本との勝負に出る。

IMG_3116


一ゴロに抑えて3時間45分のすさまじい試合に幕。野球は本当に面白いとしみじみ思う。

IMG_3126


IMG_9201




1970年三輪悟、全登板成績【新人ながら200回超え&オールスター選出】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!