東京ドームに日参したのはイチローの引退試合以来だ。狭くて小さな客席だが、入場してから客席までが近いのはメリットだろう。狭いからか、ビールの売り子は客席に入らず、入り口でビールを打っている。
連日2万人の入りだが、十分に多いという印象がある。本当にコロナが明けるのなら、こうして日常が戻ってくるということになるが。

IMG_9214


ヤクルトの先発は石川雅規、久々に見たが、彼はスタミナこそなくなっているのだろうが、投球術は全く錆びていない。130㎞/h台しか出ないが、オリックス打線は5回まで1安打1四球しただけ。

IMG_3344


吉田正尚がまた三振するなど歯が立たなかった。

IMG_3225


オリックスは山﨑颯一郎、敦賀気比時代に甲子園で見た記憶があるが、彼も23歳になった。それほど特徴のある投手ではないが、後半戦からローテを担っている。

IMG_3443


山崎は2回、先頭のサンタナに一発を浴びる。この外国人選手は、前の試合で覚醒したようだ。

IMG_3648


今日はオリックスベンチがガーガーとうるさい。大下誠一郎がベンチ入りしているのだ。6回、代打で立っていい当たりの三直。

IMG_4185


この回、オリックスは二死から福田、宗が連打。先制本塁打の右翼サンタナの失策で福田が一気に帰ってくる。

IMG_4239


IMG_4244


しかし続く吉田正は二飛に終わる。

中嶋監督は継投策を考えていたようで、山﨑は5回83球で降板。ここで増井浩俊を上げた。これ、疑問が残る起用ではあろう、CSファイナル3試合目で同点からバルガスと共に好投したことが頭にあったのだろう。「勝利の方程式」以外に使う投手として念頭にあったと思われるが、リスクのある起用ではあった。

IMG_4264


先頭の山田を歩かせるも村上は併殺打。しかしサンタナを歩かせ、中村に右前打を打たれる。一二塁、
IMG_4412


ここで比嘉にスイッチ。しかしオスナが右前にタイムリー。

IMG_4474


IMG_4484


これが決勝点となった。
ヤクルトは石山が7回を1安打無失点

IMG_4527


8回には懸念があった清水が同じく1安打無失点

IMG_4772


そして9回はマクガフが上がる。昨日セーブをとったことで、使えるようになった。

IMG_4926


吉田正尚に一塁線を抜ける安打を打たれるも、

IMG_4941


後続を断ってセーブ。

IMG_5042


ヤクルトは苦労しながらも「勝利の方程式」を取り戻した。オリックスは8回に肥銀巣を使うことができたのは収穫だが、クローザーの平野は4戦目まで登板機会なし。これはかなり追い詰められた。

IMG_9230


1970年三輪悟、全登板成績【新人ながら200回超え&オールスター選出】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!