私はどんな試合でもお客とハイタッチや握手をすることはないが、この日の試合では前に座っていた若者と握手をしてしまった。オリックスが勝ったことより、この歴史に残るシリーズがさらに続くことがうれしかったのだ。
オリックスは二塁を安達から20歳の太田涼に替えた。

ヤクルトの先発は原樹理。三者凡退の立ち上がり。

IMG_5226


中嶋監督は先発投手について「山」という言葉だけを明かした。山本由伸か、山岡泰輔か、山﨑福也か、と気をもませたが、山﨑だった。ま、一番普通の選択ではあった。

IMG_5332


ともに先発すれば2,3点失うような投手だが、2回、山﨑は四球からオスナの併殺がらみで先制点を許す。

オリックスは4回、吉田正尚の二塁打、杉本の安打で追いつく。

IMG_5846


IMG_5900


IMG_5907


しかしその裏、山﨑福は村上に一発を許す。

IMG_5963


6回、吉田正尚が失策で出塁、杉本が安打、たまらず高津監督は田口を救援に送る。

IMG_6237


しかしT-岡田はしぶとく一塁線を抜く同点タイムリー。

IMG_6247


このあたりからオリックス打線に火が付き、7回2点、、8回1点が入る。抜擢された太田の三塁打が光った。

IMG_6452


5ー2、楽勝かと思えたが、8回、「勝利の方程式」のヒギンスがマウンドへ。前日、立ち直ったように思えたが連続四球のあと山田哲人に高々と上がる同点3ランを打たれる。

IMG_7072


あっという間に同点である。流れは一気にヤクルトに。最終回はマクガフが上がる。
代打はアダム・ジョーンズ。ジョーンズは6回あたりから例によってキャッチボールをしていたが、

IMG_6331


ヒギンスが崩れた裏にマクガフが上がり、ジョーンズが代打、というのは初戦と同じ。この時は大逆転劇となったのだが、果たしてジョーンズは2-0からのファーストストライクを美しいスイングで左翼席に運んだ。

IMG_7242


IMG_7307


最後は平野佳寿が今シリーズ初登板。プレッシャーは恐ろしいものだったろうが、例によって走者は出したが、リードを守り切った。

IMG_7391


すべての戦力を使い果たした総力戦。5試合連続で、すさまじい試合を展開した両軍に、拍手を送るのみ。

IMG_7489


第6戦だけチケットが買えなかったが、山本由伸の先発だから、3勝3敗で最終戦に持ち込んでくれることだろう。

IMG_9248




1970年三輪悟、全登板成績【新人ながら200回超え&オールスター選出】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!