打線そのものは抜群ではなかったが、本塁打が良く出た。
2021年のチーム成績

2021-TBR


2020年打線

TBR-2020-H


ブランドン・ロウ、ウィリー・アダメスなど若い選手が中心で、リーグ打率は下位。本塁打は多かったが、効率の良い打線ではなかった。筒香はあと1打席で規定打席に到達した。本塁打は8本とそこそこ出てはいたのだ。

2021年打線

TBR-2021-H


ブランドン・ロウが中軸の働き。ペレスに変わって正捕手になったズニーノも33本塁打、メドウズも復活。昨年デビューしたアロサレーナが20本塁打をしてキューバ出身では6人目の新人王に。

6月にメジャーデビューしたワンダー・フランコは後半、正遊撃手になる。

若い選手が次々と台頭したと言う印象だ。

そんな中で立ち上がり躓いた筒香は放出され、超ベテラン、ネルソン・クルーズがトレードで入団、13本塁打と長打を発揮した。

伸び代の多い打線であるのは間違いない。



2021年山本由伸、全登板成績【投手五冠にリーグ優勝に金メダル】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!