前のブログで書いたように、野球へのAI導入は「技術」と「意義」の2つの面で問題があると思う。
アウト、セーフに関する「ビデオ判定」には、私は大反対だったが、導入後はそれなりの意味は出てきているように思う。動画がスクリーンに映され、それを見た観客席が大きく湧くのは、プロ野球の新しい盛り上がりを作ったとみることもできる。これによって試合時間が伸びるのではないかと危惧したが、それもなかった。この点は、私の認識が間違っていたと思う。

ただビデオ判定はプロ野球の1軍でしか導入されていない。だからファームでは同じプレーでも結果が異なる可能性がある。アマチュアでも同様だ。その点は留意すべきだろう。それはAIの問題でも同様だ。

IMG_0566


こういう形でテクノロジーがスポーツに導入されるのは時代の趨勢ではあろう。
しかしAIがストライク、ボールの判定に導入されるのは、非常に難しいのではないかと思う。

恐らくトラッキングシステムとの連動で、投球の軌道を瞬時に解析してストライク、ボールの認定をするかと思う。投球のたびにストライク、ボールのコールがされ、BOSの掲示板にシグナルが点灯する形ではないかと思う。

もともとストライク、ボールのジャッジに選手は抗議することができないから投手も打者もその結果を受け入れるしかない。
しかし、今のストライクボールの判定は、公認野球規則のルール通りではない。例えばストライクゾーンを一瞬かすめてワンバウンドするような変化球は、多くの場合、ボールの判定をしていると言われている。プロ野球のように極めて微妙な軌道を描く変化球をどう解釈するかは、難しい課題として残るだろう。

IMG_9554


さらに言えば「AIではこうなるのだから、これが正しいのだ」と説明したとしても、すべての投手や打者が納得するのか、と言う問題が出てくる。
「俺のあの変化球は、ストライクでとってもらっていた。これからボールになるのはおかしい」みたいなトラブルが噴出するだろう。

もう一つ「AIを導入してもアンパイアはなくならない」と言う問題もある。球審は「Master of Game」だから、試合を取り仕切る。ストライクボールの判定をしなくなっても、球審、塁審はそれ以外のジャッジを行うはずだ。野球の試合では予測不能の様々なことが起こる。野球のプレーだけでなく様々なアクシデントにも対処する必要が生じる。その際に、瞬時に的確な判断をする必要があるから審判は存続するはずだ。

「いや、それもAIがやればいいんじゃないか」と言うかもしれないが、そうなると、なぜ「野球の試合から人によるジャッジを排除しようとするのか」という問題が生じるだろう。そんなに審判の存在が邪魔なのか?ジャッジが信用できないのか?
私のNumberの記事で荻野忠寛さんが指摘している通り、プロ野球の審判の技術は極めて高い。もちろん人間だからミスはあるが、試合進行が困難になるようなミスはほとんどない。そして審判技術は年々高まっている。それでも及第点が付けられないと言うのか?150年にわたって育成してきた「審判」の系譜をここで断ち切ろうとするのはなぜなのか?

AIがボール、ストライクや、アウトセーフの判定をしたとしても「ジャッジに関する不満」はなくならないだろう。ジャッジが完全になっても、プレーする選手は「不完全な人間」だから「AIの方がおかしい」という声はなくならないだろう。つまり、AIに代わったからと言って、ジャッジの信頼性が上がる保証はない。
勝負事にこだわりすぎる人間は「そもそもAIで野球の判定をするなんて、やっちゃいけないんだよ」的な文句を言うだろう。

この問題の根底は「スポーツマンシップ」だと思っている。スポーツでは「チームメイト、対戦相手、審判、ルールをリスペクトする」ことが基本になっている。「審判へのリスペクト」がない人は、どんな凄いシステムを導入してもスポーツを貶めるような言葉を吐き続けるだろうと思う。


NOWAR


阪本敏三、全本塁打一覧|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!