今や1年に8試合しか開催されないが、ほっともっとフィールドの試合は最高だ。
薄暮のこの球場の美しさは格別だ。

IMG_3822


そして日本ハムのビジターユニフォームも美しい。那覇で見たときも驚いたが、新鮮な感じがする。

IMG_1728


オリックスは山岡、日本ハムは左腕加藤貴之

IMG_1830


IMG_1907


どちらも素晴らしい出来。加藤は以前は制球にばらつきがある印象だったが、やや球数は多いものの安定感は抜群だ。そして山岡は山本由伸の陰に隠れているが、立派なエース級の投手だ。

4回表1死一塁、山岡は野村の頭部にぶつける。

IMG_9730


この写真でもわかるように投球はヘルメットのつばを破壊してから野村の顔に当たっている。直接ではなかったようだ。しかし野村は動かない。

IMG_9734


ようやく立ち上がってベンチに下がった。

IMG_9746


危険球で山岡は退場。代わって阿部がマウンドへ。

IMG_9756


ここからオリックスはピンチをしのいでよくつないだのだ。

6回二番手阿部は1番首位打者の松本剛に二塁打を打たれ、続く石井を歩かせたところで交代。代わった近藤は清宮に安打を打たれるが、続く二者を連続三振でピンチを脱する。

IMG_9954


IMG_9991


加藤は7回、1死から頓宮に二塁打を打たれ、続く中川圭に三塁打を打たれ先制される。

IMG_0205


IMG_0219


絶不調続行中の杉本は三振。続く野口の代打の佐野皓が左二塁打。好調野口を変えての代打起用、中嶋監督は冴えている。

IMG_0303


ここで加藤は降板。日ハムは信頼できる中継ぎが少ないこともあり、先発を引っ張りがちだが、それが破綻につながることが多い。

8回には一塁清宮の失策で出た9番伏見を2番宗がバント内野安打

IMG_0454


代打の西野の右前打で3点目が入る。

IMG_0485


中嶋聡監督はにんまりしていることだろう。

オリックスはビドル、平野佳寿の必勝コースで完勝。

IMG_0338


IMG_0573


IMG_0643


日本ハムは以前見やときよりずっと「打線らしく」なっていた。松本、野村、石井とレギュラーが固定され、役割が少しずつ決まってきている。「今頃?」とは思ったけど。

花火も上がって、実に爽快なナイターだった。やっぱり野球は屋外である。

IMG_3829



NOWAR


阪本敏三、全本塁打一覧|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!