そうなることはわかっていたけども、巨人、坂本勇人の契約更改の記事である。
デイリー
契約更改を終えた坂本は「コンディションに苦しんだ1年でした」と振り返った。今季は度重なるけがに悩まされた。「自分の野球人生の中で、8年間もキャプテンをやらせてもらえたということは本当にチームの人に感謝しかないなと思います」

スポニチ
「(球団からは)今年のコンディションの話だったり、来季に向けて、キャプテンではなくなるので、チームについての話をしました。僕からは特に何もないですね。(今年は)コンディションに苦しんだ1年だったし、思うようなバッティングだったり、いろいろと思うことがあったシーズン」

日刊スポーツ
「もっとやれたなという感覚ももちろんありますし、悪いなりに最低限の結果だったとも感じている。そんなに良くはなかったです」

報知
今秋の宮崎キャンプに11年ぶりに参加し、一から自分を見つめ直した。8年間務めたキャプテンを岡本和に託し、5年契約最終年となる来季で復活を期す。後輩たちが遊撃の定位置奪取の誓いを立てるが、簡単に譲るつもりは毛頭ない。

IMG_1324


そうなんすか、坂本勇人は今年コンディションに苦しんで、思うようにバッティングできなかった、でオフにキャプテンをやめてしまったと、それだけなんすかね。
坂本勇人って、なんかやりませんでしたかねー「女の敵」みたいなことを。

スポーツ新聞は「球団、選手の味方」だから、不都合なことは全然書かない。みんな知っていることでも平気でスルーする。そんな新聞、誰が買うんだろうか?スポーツ紙は10年前は全部で400万部あったのが、2021年は237万部になった。今年は200万部割れじゃないかと言われている。
読者の方を向いていないメディアなんて、存在意義があるんだろうか。

女性を見下している低次元の輩は「女は悪い」「示談しているのにごちゃごちゃ言うな」というが、まともな人は、坂本勇人について「あんなことをした人」だと思っている。そう思っている人の方が遥かに多い。

人の噂も七十五日かもしれないが、一度ついた汚いしみは、なかなか落ちないものだ。このままフェードアウトする気なのか!



NOWAR


1982・83年松沼博久、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!