佐藤義則氏「監督やコーチはたまったもんじゃない」球団の垣根を越えた合同自主トレに疑問
これは「昭和」の考え方でしょう。
「選手個々はそれでいいかもしれないけど、チームとして考えたら決していいことではないと思う」
「ライバルチームの投手を教えるっていうことは、自分のチームの打者が打てなくなるってことだし、ライバルチームの打者に教えるっていうことは自分のチームの投手が打たれるっていうことでもあるからね」

今のプロ野球選手は、そんなみみっちい意識は持っていない。自分が良いと思ったトレーニング方法や技術は後輩に惜しみなく教える。教えたところで身に着けるかどうかはその選手次第だし、教えたからと言って自分の商売に影響するわけではない。
「みんなでNPBの野球のレベルを上げていこう」という認識をもっているのだ。

私のころは自主トレはチームメートと一緒にやるのが一般的だった。他球団の選手とやるなんて考えたこともなかった。もっと言うと、チームメートだってライバルでもあるから、教え合うなんてことはしなかった。

何という貧しい発想だろうか。

IMG_2898


そもそも、年寄りの野球人は「選手が他所のチームの選手と仲良くしていること」が気に入らない。チームの選手はよそ見をせずに、チームの指導者の方だけを見ていてほしい。忠誠心を持ってほしい。
一般企業でも若手社員が退社後に「異業種交流会」みたいな会合に行くのを、忌々しく思っている管理職がいたが、大体そういう上司は「大したことない」のだ。

IMG_6801


いまどき、トップクラスのアスリートは、コーチの言うことにそのまんま従うことはない。大谷翔平はエンゼルスの投手コーチや打撃コーチの言うことを聞いたりしていない。、ドライブラインなどで自分でフォームや投球の軌道を創っている。
そして多くの選手は、他の選手と情報交換をして技術や練習法を進化させている。

サインや作戦などチームの機密情報の漏洩の懸念を指摘する向きもあるだろうが、今の選手は良識は弁えている。コーチに「あの球団の〇〇選手がこういってました」みたいな点数稼ぎはしない。
そもそもチームの作戦は毎年変更されるのだ。

昭和の野球は、あたかも終身雇用のサラリーマンのような感覚だった。上の言うことを聞いてチームメイトとだけ交流して、忠誠心をアピールすることで立場を得ていたのだ。
日本野球はせこくて、狭量だったから日本野球はアメリカに比べて発展しなかったのだ。

「俺たちの時代は、相手チームの選手とは口も利かなかった。今の選手は甘すぎる」と言っている野球人は、そろそろお引き取り願おう。
今の野球選手はそういうくだらない次元で野球をしてはいない。


NOWAR


1960~62年柿本実、全登板成績

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!