山本由伸は懸念なしとは言えないが、エースが健在の内はオリックスは依然、優勝候補ではある。
2022年と2023年の比較

OB-P


山本由伸は、調子の悪い時もなくはなかったが、フォームが小さくなりやや省エネになったこともあって2年連続沢村賞。
彼がマウンドに上がると、チームが絶対的な信頼を寄せていることがはっきり分かった。

IMG_1903


宮城、山岡、田嶋、山崎はローテーションを手堅く守った。これは大したものだった。一昨年は制球が乱れて不安定な投球が多かった山岡が成長したことも見逃せない。

IMG_5141


宮城は山本の後のエース候補だが、好不調の波があるように思える。

IMG_3508


中継ぎ陣は、中嶋監督の「作品」と言ってよいだろう。

阿部翔太、近藤大亮、黒木優太などをあまり無理させることなく使った。
余り言及されていないが、中嶋監督は先発として不合格になりかかっていたワゲスパックを救援に回して活かした。これも大したものだ。

IMG_1249


山﨑颯一郎、宇田川優希も中嶋監督の手腕で生きたと言ってよい。

IMG_0911


この2人はいずれ先発に回るのではないか。

中嶋監督の頭がさえている限りは、ソフトバンクといい勝負になるのではないか。



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!



NOWAR


1960~62年柿本実、全登板成績