8686eb39.pppL


みんかぶ
冬季五輪もなくなり万事休す…日本ハムに見放された札幌ドームの当然すぎる末路「札幌市民の怒りは収まらない」
小林英介と言うライターが、日本ハムが札幌から北広島に移転した経緯を紹介している。
私もブログや記事でこのような経緯について書いてきたし、札幌市の「お役所仕事」が、原因だとは思うが、ここまで「推測の域」を出なかったこともはっきり書いている。

まず日本ハム側が球場使用料の軽減を求めた件。日ハム側が

球団側は、球場を使用する際の「使用料」のほか、ドームのリース料、物販収入、飲食物による収入など、数十億円にも上る収入をドーム側に支払っていた。

と書いているが、これは大げさだろうと思う。使用料は1試合800万円と言われたから年間5億円を超えていたが、日ハム球団の売り上げは120億円前後、販管費は多くて20億円前後だから、数十億円は大げさだ。しかも「収入」ではないだろう。
またドームの物販については、指定管理者の株式会社札幌ドームが取り仕切っていて、日ハムはその下で飲食や広告のビジネスを一部展開していたが、それほど大きな額ではなかったはずだ。

また、札幌ドームからの移転の話が持ち上がったときに、札幌市ではなく北広島市に決まったのは、札幌市が誘致合戦に負けたからだが、札幌市の3候補地と北広島では、そもそも条件面で全く違っていたので、最初から話にならなかったのではないかと思う。

「札幌市側は球団側から頭を下げられ、『やっぱり移転しない』と言われると思っていたのではないか。しかし、球団側は新本拠地を北広島に決めた」
「札幌市側の対応は遅きに失した。札幌市民は『どうして日本ハムが札幌からいなくなったのか』と怒っている」


と書いているが、札幌市側は最初から「やる気」がなかったのだと思う。

その背景には、札幌市側が日本ハム球団を「よそもの」的に見ていたことがあるだろう。
大阪本社の会社であり、札幌ドームに魅力を感じこそすれ、北海道、札幌への思い入れがそれほど深かったとは思えない。コンサドーレ札幌も神奈川県の東芝が移転したものだが、こちらは札幌JCが誘致活動をして東芝側に懇請してできたクラブだ。球団側の思惑で移籍した日本ハムとは事情が違うのではないか。

地下鉄から札幌ドームへ行く通路には、ファイターズとコンサドーレのフラッグなどの飾りが半々に飾られていた。しかし年間20数万人しか動員しないコンサドーレと少ないと言っても130万人を動員するファイターズが「対等の扱い」というのも日ハム側からすれば釈然としなかったのではないか。

IMG_9069




北海道は外から見ると「地元愛」「地元へのこだわり」が強い土地柄のように見える。気候も本州とは大きく異なり、北海道でしか通用しない「常識」もある。日本ハムは、札幌市のチームになることができなかったと言う印象だ。
今の秋元克広という市長は札幌市役所の職員上がりであり、共産党以外オール与党に近い体制で当選した、べたべたの「札幌プロパー」だ。札幌市側が日本ハムに対して冷淡だったのは、市長のカラーも影響しているだろう。

ただ、移転劇はこの記事のように「わかりやすいストーリー」ではないだろうと思う。
恐らくは、つまり「このままいけばヤバくなることはわかっていたが、そのために能動的に動くことができない」お役所の体質。「前年並み」でしか仕事をしない行政の「不作為」「怠惰」が根底にあるのではないか。
市長も含め、札幌市の行政職員は任期が来れば退任する。個人的に責任を取ることもない。「お荷物」は先送りするのが恒例になってきた。

日本ハムグループは、球団に対し「独立採算」を強く求めている。親会社の補填が期待できず、赤字垂れ流しができない球団は、やむに已まれず移転を考えた。移転するからには「事業」として成功しなければならない。だから「ボールパーク構想」を推進した。

要するに、札幌市とファイターズは事業者としての「マインド」が違ったのだ。その違いが、今回の移転劇につながったように思える。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!



2021年山本由伸、全登板成績【投手五冠にリーグ優勝に金メダル】

NOWAR