1175075_s


死んだ子の年を数えるようだが、こういうシリーズをやるときに、近鉄を外すことがどうしてもできない。今年でこのチームが消滅して20年になる。近藤一樹、坂口智隆も引退して「元近鉄」もいなくなった。
太字はリーグ最多。

Kintetsu-H




1位は1987年の新井宏昌。イチローの師匠の一人だ。左打ちの巧打者で、三振も四球も少ないところがイチローとよく似ていた。この年35歳もちょっと驚く。南海ホークス時代から見ているが、自身で「トレードしてくれ」と言ったのだと言う。

2位が2001年のタフィ・ローズ。史上最強の外国人選手の一人なのは間違いない。この年、王貞治に並ぶ55本塁打、MVPを獲得している。

3位も外国人のフィル・クラーク。近鉄在籍はわずか4年だが、通算で.305を残した。1998年にも170安打している。

4位の礒部公一は、近鉄最後の選手会長。シュアな左打者で3割2回。ただ楽天に移ってからは控えに回ることが多くなった。

5位にクラーク、6位に1964年の土井正博。大鉄高校を中退して17歳で近鉄に入り、監督の別当薫に認められて19歳で4番を打つ。この記録も21歳で作っている。大打者で引退後も長くコーチとして選手を指導したが、殿堂入りしなかった。この年も何の表彰もされていない。運のない人ではある。

6位に中村紀洋。イチロー世代、近鉄最終盤の強打者だったが、どこへ行っても「我流」で、アウトローの印象が消えない。

99Nakamura


7位の大村直之もそんな印象がある。全く衰えていないのに1865安打で終わってしまった。何があったのか?

8位の小玉明利までは触れるべきだろう。ミスター・バファローズは、この人だったと思う。一軍発昇格した2年目から13年連続で100安打。3割も6回ながら1963安打で終わる。右打者ながらこの人も早打ちで三振も四球も少なかった。

もう近鉄戦士は「昔話」でしかなくなった。残念なことではある。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!

81iaVJGAvhL._SL1500_


https://amzn.to/47hJdhC

2021年山本由伸、全登板成績【投手五冠にリーグ優勝に金メダル】

NOWAR