4085115_s


今回の宮崎春季キャンプでは、各球団のデータアナリストに取材をする予定を組んでいた。
2泊3日のつもりだったが、最後の球団の予定がどうも流動的な気がして、その日に帰る飛行機を予約していたのだが、宮崎に来てから便を1日ずらすことにした。その分、ホテルをもう1日とる必要があった。また急遽別の球団のキャンプ取材の申請もした。
果たして前日夜になって球団広報から「明日、紅白戦がなくなったので、取材予定が昼から2時半になります」と言ってきた。この時間なら帰りの飛行機の時間に間に合わなかった。予感がドンピシャで当たった。我ながら賢明ではあった。

ではあるが、着替えは2日分しか持ってきていない。下着がワンセット足りない。どうしたものかと思った。
若いころなら、パンツもシャツも裏返しに着てOKにしたものだ。昔はそれを「B面使い」と言っていた。レコードを知らない世代にはわからないだろうが、「A面で恋をしーてー」とか歌いながらパンツを裏返しにしたものだ。
しかしさすがにいい年齢をしてそういう気にはなれない。かといってまともな下着をそのためにワンセット買うのはもったいない気がする。洗濯をする気にもなれない。
ホテルの前に「DAISO」があった、ひょっとして100円ショップにパンツやシャツはないか、と見に行った。

26836133_s




何と、パンツはあったのだ。トランクスタイプ、ブリーフタイプなど各種取り揃えて110円である。うれしくなって2つ3つ買おうかなと思ったが、それも愚かなりで、トランクスタイプを1つだけ買った。さすがにTシャツはなかったので、同じ建物にあったドンキホーテで買った。1000円ちょっと。いつも思うのだが、ドンキって安い安いと大騒ぎしているわりにそれほど安くはないのだ。この値段ならコンビニでもあるじゃないか。

1100円ほどでパンツ、シャツを買って意気揚々とホテルに引き上げ、お風呂に入っていざパンツを履いてみた。
なんか、これまで履いていたパンツと手触りが全く違う。キシキシした材質で、薄っぺらくて紙みたいである。水に濡れたら溶けてしまうのではないか、とも思ったがそうではなかった。
ただ履き心地はお世辞にも良いとは言えない。なにか「あるべきもの」の収まり具合がよろしくない。

私は下を向いて「今日一日の辛抱だ」と言い聞かせてそのパンツで3日目もキャンプに行き、取材を続けた。

常に「パンツを履いていること」と「あるべきもの」が「パンツに当たっていること」を意識しながらの一日になった。110円の品質とは、せんじ詰めれば「ないよりマシ」ということなのだろう。
恐らく、このパンツはA面しか使えないだろうと思いながら、帰りの飛行機に乗り込んだ次第。
今、100円パンツで高度1万mを飛行して家路についている。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!

81iaVJGAvhL._SL1500_


https://amzn.to/47hJdhC

2021年山本由伸、全登板成績【投手五冠にリーグ優勝に金メダル】

NOWAR