Kroon L


快速球のクローザーとして強烈な印象を残した。
ニューヨーク出身、高校から1991年ドラフト2巡目(全体72位)でメッツに入団。
かなりの有望株ではあった。

キャリアSTATS

Kroon




球は早かったが制球力がなく、出世は遅かった。パドレスに移籍し、1995年7月7日のアストロズ戦の9回に登板するも、1死も取れずな満塁の走者を残し降板。後続の投手が打たれ負け投手になる。

1998年にレッズに移籍してからはFA、リリースされては他球団に拾われる繰り返しだった。100マイルを超える速球は魅力的だったのだろう。

2004年11月、31歳で横浜に入団。牛島和彦コーチの指導でフォーム改造に取り組み、翌年から活躍する。当初は佐々木主浩の前を投げる予定だったが、佐々木が故障し、この年限りで引退。
それを受ける形で、クローザーとして活躍。

2007年オフに巨人移籍が決まる。

35歳になったが巨人でも引き続き圧倒的なクローザーとして2008年には最多セーブ。
2年間は活躍したが、2010年以成績が下落。
渡辺恒雄が「クルーンはもういらん」と言ったことがきっかけとなって退団した。
2010年のクルーン

DSCF0561


DSCF0562


DSCF0563


盛り上がった肉体。倒れこむようなフォームは圧倒的だった。

翌年、サンフランシスコ・ジャイアンツのAAAで投げてFAとなり引退した。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!

81iaVJGAvhL._SL1500_


https://amzn.to/47hJdhC

年度別チーム第1号本塁打は俺だ! 広島編

NOWAR