野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

記録庫2009

ダニーズ・バエズ、BALからPHIへ。1月5日|記録庫2009

キューバ出身。TBではクローザーとして活躍した。BALと2006年オフに3年1900万ドルで契約するも3年で4勝12敗(2008年は登板せず)。速球主体の力感あふれる投手だが、故障が多い。先発、押さえどちらの経験もあり、PHIではセットアッパーか。2年525万ドルで契約した。

Danys Baez

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

楽天の新外国人投手|記録庫2009

楽天は、NYYの守備固めで日本人にもなじみの深いアンディ・フィリップスを広島から獲得。新外国人としては、RHPのモリーヨだけである。5000万円+出来高。

 Juan M

ホアン・モリーヨはドミニカ出身。2001年にCOLに入団。104マイルと言われる速球を持っていて、三振を取るタイプだが、非常にコントロールが悪い。これは体のバランスが悪いのだと思う。

日本のスピードガンでの測定に注目したいが、MLBのスピードガンは速い数字が出やすいので割り引いて考える必要があると思う。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

広島の新外国人、もらしていました。すいません!|記録庫2009

12月30日に獲得したジャンカルロ・アルバラード(米ではカルロで通っていた)は、キャリア15年のベテランだが、MLB経験はない。プエルトリコ出身。

 Carlo Alva

球速はそれほどなく、打たせて取るタイプ。主に先発投手として起用されたが、マイナーリーグのどのレベルでも防御率、WHIPがいまいちだった。MLBに上がることはなく、台湾や独立リーグでも投げたが、ピリッとしなかった。体を大きく開く変わったフォームの持ち主。守備はあまり上手くない。

それが、2008年の後半くらいから少しずつ数字が向上、2009年にはAAAで先発投手としてシーズンを投げ抜き、そこそこの数字を上げた。31歳にして何かをつかみ始めたのかもしれない。30万ドルはひょっとすると掘り出し物かもしれない。

ウィルフレーセル・ゲレーロはまだ23歳。かつてはアルフォンソ・ソリアーノが在籍した広島のドミニカアカデミー出身。一昨年、広島から派遣されて四国九州アイランドリーグで投げていた。2008年は通用しなかったが、2009年防御率のタイトルを取るなど進歩が見られたので、育成選手となった。中日同様、育てる外国人政策である。

W-G

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

ザビエル・ネイディー、NYYからCHCに。1月29日 |記録庫2009

2008年、PITからNYYにシーズン途中に移籍。中軸を打ってRBIを稼いだ。チームメイトでBOSに移籍したジェイソン・ベイと良く似たパターンだったが、2009年ベイが大活躍したのと対照的に、ネイディーは故障でシーズンを棒に振り明暗を分けた。CHCと330万ドル+出場試合に応じて205万ドルで契約した。故障が癒えていれば、十分に期待できるのではないか。

Xavier Nady

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



 

ジム・エドモンズ、MILへ 1月28日 |記録庫2009

オールスター選手でもあるエドモンズは、2008年CHCとSDで20本塁打55打点を稼いだが、2009年はオファーがなかった。中距離打者だが40本塁打を2度、シルバースラッガーも1度、オールスターには4度選ばれている名選手だ。打者として以上に外野手としての評価が高くゴールドグラブを8回受賞している。この名選手も2010年は招待選手として、スプリングキャンプでの競争に参加することになる。

Jim Edmonds

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



 

ミゲール・カイロ、PHIからCINに。1月27日 |記録庫2009

当代一の「スイスアーミーナイフ」と言われるカイロだが、2009年はMLBでは27試合の出場にとどまった。主に代打が多く、守備はSS3試合、3B1試合、2B3試合に過ぎなかった。マイナーでは主にSSを守った。まだ36歳でありユーティリティとしての利用価値は高いのではないか。

Miguel Cairo

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

ミゲル・テハダ、HOUからBALに復帰 1月26日 |記録庫2009

テハダは強打のSSとしてジーター以上に評価が高い選手だった。OAK時代の2002年にはMVPを受賞。BALに移籍した2004年には150打点でタイトル獲得。BALの打撃のシーズン記録をほとんど塗り替えるなど、リーグ最強打者の一人だったが、このころにステロイド疑惑の渦中に人となった。

Miguel Tejada
テハダは、ステロイドを服用しただけでなく、これをチームメイトや他チームの選手に広めたという点で悪質だった。2004年から6年で7200万ドルと言う大型契約をBALと結んだが、打率はともかく長打が目に見えて減少し、ステロイドの影響を感じさせた。大きいのを打たなくなると、テハダは四球をほとんど選ばない貢献度の低い野手になった。

BALに1年契約で復帰。2010年は3Bを守ることになるようだ。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

ジム・トーミ、LADからMINに。 1月26日 |記録庫2009

毎年MINのストーブリーグはいつもおとなしいものだが、2009年オフは久々に大きな買い物をした。今年40になるジム・トーミと1年契約を結んだのだ。

 Jim Thome

2003年の本塁打王。三振は多いが四球も多いという典型的な強打者タイプ。もとは3Bだが守備はうまくなく、1Bに転向。2009年は主にDHだったが、8月末にLADにトレードされた。LADでは主に代打として起用されたが結果は出せなかった。

CHWでの年俸は1300万ドルだった。1年契約150万ドル+出来高75万ドルは、この選手の実力からするとお買い得ではないか。まだ30本近くは期待できる。

当然、MINではDHで起用されるだろう。MLBきっての好人物として知られる。マウアー、モルノー、そして昨年ブレークしたカダイアなどとも良い打線を組むことだろう。

 私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

マット・ステアーズ、PHIからSDへ 1月26日 |記録庫2009

息の長いカナダ人外野手がもう1年キャリアを重ねることになった。1992年、中日に23歳で来た時は荒さが目立ったが、MLBに復帰後勝負強い打撃で主軸となり、OAKではジェイソン・ジアンビと3、4番を打った。OAKを出てからはレギュラーに定着はできなかったが、勝負強い左打者として8チームを渡り歩いた。今年42歳になる。マイナー契約。

Matt Stairs

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



 

リック・アンキール、STLからKcへ 1月25日 |記録庫2009

リック・アンキールは2004年までは投手だった。97年にSTLに2順目で入団、高校屈指の投手として知られた。代理人はあのボラス。2009年のストラスバーグに近い「銭闘」の果てのプロ入りだった。マイナーでは三振率12以上という驚異的なSTATSを記録し、本格的な速球派としてMLBにデビュー。2000年には11勝を上げるが、その年のATLとの地区シリーズで突如ストライクが入らなくなる。これがトラウマとなって投手を断念、2005年野手に転向した。2006年はひざの手術で全休。2007年にMLBに復帰し、長打力と強肩を徐々に見せるようになった。しかし、まだ荒さが残る。Kcは275万ドル+翌年は600万ドルの双方オプション、チームがバイアウトするときは50万ドルと言う契約を結んだ。素質への期待料が含まれていると思う。

Rick Ankiel

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



 

ジェイ・ペイトン、COLへ 1月22日 |記録庫2009

94年に1順目でNYMと契約。ジョージア工科大学時代はノマー・ガルシアパーラ、ジェイソン・バリテックとチームメイト。速球に強い好打者、また外野のユーティリティとしても知られる。2009年はプレイせず。38歳になるがマイナー契約した。

Jay Payton

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


 

ポール・ロデューカ、COLに復帰。1月22日 |記録庫2009

強肩と好リードで鳴らし、スキャンダルでも話題になるなど人気捕手の一人だったが、ミッチェルレポートに名前が載り、2009年はプレーしていなかった。2008年の時点で肩の衰えが目立ったが、COLとマイナー契約を結んだ。LAD時代に信頼関係があったCOLコーチ、ジム・トレーシーの推薦があったようだ。

Paul Lo Duca 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

ジェレミー・リード、NYMからTORへ 1月19日 |記録庫2009

SEAではトッププロスペクトであり、もう少しで外野のレギュラーをとりそうだったリードだが、NYMでは十分な力を発揮することなくTORへ。俊足好守と確実性のある打撃は評価が高いが、4人目の外野手の壁を越えられるかどうかがポイント。マイナー契約。

Jeremy Reed

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

ケビン・クーズマノフ SDからOAKへ移籍 1月16日 |記録庫2009

2003年6順目でCLEと契約。NCAA時代から将来を嘱望され、順調にMLBまで昇進したが、まだMLBでは真価を発揮しているとは言えない。2006年9月のTEX戦で初打席満塁本塁打と言う派手なデビュー。翌年SDに移籍し中軸を打つが、成績は並みのレベルにとどまる。いつかは開花するだろうという期待感の大きい選手。3Bの守備はあまり評価されていない。3対1のトレードでOAKに移籍。

Kevin Kouzmanoff 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

へアストン兄弟、SDへ 1月16日、18日 |記録庫2009

へアストン家はMLBでは良く知られた野球一家である。

祖父 サミー・へアストン

C MLB通算4試合5打数2安打0本塁打1打点.400

父 ジョニー・ヘアストン

OF、C MLB通算3試合4打数1安打0本塁打0打点.250

叔父ジェリー・ヘアストン

OF MLB通算859試合1699打数438安打30本塁打205打点.258

 

アメリカ生まれだがWBCではへアストン兄弟は、ゴンザレス兄弟とともにメキシコ代表として活躍した。

 

兄、ジェリー・ヘアストンJr 

Jerry Hairston Jr
97年11順目でBALに入団。時間がかかったが、次代に頭角を現す。アベレージの良いリードオフマンになることを期待されたが、打撃が振るわず、レギュラーに定着できなかった。内野のユーティリティとして各チームを渡り歩いている。メキシコ系の選手に縁が深いSDに1年212万ドルで契約。

 弟スコット・ヘアストン

Scott Hairston
2001年3順目でARIに入団。ヘアストン一家はどちらかと言えば守備の人が多いが、その中では打力を見こまれている。しかしマイナーでは長打で鳴らすもののMLBでは真価を発揮していない。荒い打者だが本塁打率が高い。クーズマノフを軸とする4人がからむトレードで移籍した。

 

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



 

オーブリー・ハフ DETからSFへ。1月13日。|記録個2009

1998年5順目でTBと契約。TB生え抜きのスター選手として活躍したが、BALに移籍、代表的なDHの一人だった。長打力に加えてバットコントロールも良く、頼りになる打者だが、2009年はFAになる前にDETに放出され、不振を極めた。SFは主軸を期待しているが、守備は苦手なのでDHのないSFではレギュラー出場できるかどうかやや気がかりだ。300万ドル+出来高の1年契約。

Aubrey Huff

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

マーク・グルゼラネク MINからCLEへ。1月12日 |記録庫2009

91年11順目でMTLに入団。LAD時代にSSから2Bにコンバートされて守備の名手の評価を得た。長打はないが、アベレージヒッターでもあり、Kcではスター選手だった。膝の故障でMINに移籍した2009年はMLBでプレーをしていない。2000本安打をすでにクリア。今年40歳になるが、マイナー契約でCLEと契約した。

Mark Grudzielanek

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

エリック・ヒンスキー NYYからATLに。1月12日 |記録庫2009

1998年17順目でCHCに。21世紀にはいって頭角を現し、リーダーの資質があるとされた。2002年の新人王(TOR)。しかし、左投手を打てないために伸び悩む。TORを放出されてからは、控えの座に甘んじている。100万ドルの1年契約。BOSやNYYにいたので、日本人にはおなじみの選手だ。

 Eric Hinske

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!


 

カリル・グリーン STLからTEXに。1月9日 |記録庫2009

2002年1順目でSDに。NCAAのクリムゾン大学では屈指の好打者だったが、MLBではどちらかというと打率は低く、下位を打つ存在。守備には定評がある。2008年八つ当たりで用具箱にパンチを見舞って指を骨折。2009年シーズンもほぼ棒に振って、1年75万ドルでTEXに移籍。3Bで起用される模様だ。

Khalil Greene

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!



 

スコット・ポドセドニク CHWからKcに。1月8日 |記録庫2009

TEXに94年3順目で入団。長くマイナー生活を送るが、MILでレギュラーに定着。俊足のリードオフマンとして名を上げる。2004年盗塁王。2005年は井口と1、2番を組む。ワールドシリーズでサヨナラ本塁打。2006年にヘルニアの手術をしてからフルシーズン働いていなかったが、2009年は久々に元気だった。年齢的にももうひと働きできそうだ。175万ドル1年契約、2011年はオプション。

Scott Podsednik

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひ、コメントもお寄せください!

スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ