野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

談論、野球漫画

不良少年が高校球児になるまで 甲子園の土|談論 野球漫画



「甲子園の土」は、講談社などのメジャーな出版社ではなく、マンガショップという会社からの復刻版だ。3巻にまとめられているので、その巻割に従って紹介する。
続きを読む

尻切れトンボのエンディング 新巨人の星|談論 野球漫画



「新巨人の星」は、大団円とはいかない。不可解な終わり方をする。


続きを読む

打者から右腕投手へ 新巨人の星|談論 野球漫画



いよいよ右腕投手、星飛雄馬がベールを脱ぐ
続きを読む

星飛雄馬の復活 新巨人の星|談論 野球漫画



「巨人の星」同様ストーリーを追いかけていく。この作品はあまり読まれていないのではないか。
続きを読む

「巨人の星」から「新巨人の星」へ 下|談論 野球漫画



「巨人の星」と「新巨人の星」の間隔は5年。それほど大きなブランクではなかった。しかしその漫画は大きく異なっていた。

続きを読む

「巨人の星」から「新巨人の星」へ 上|談論 野球漫画



1週間飛ばしてしまった。引き続き野球漫画について話したい。
続きを読む

「巨人の星」大リーグボール3号と父子の和解|談論 野球漫画



いよいよ最終回。
最後の2冊。少年漫画としていかがかと思う表現もあるが、ともかくすさまじい大団円だった。

続きを読む

「巨人の星」大リーグボール2号の破たんと伴宙太との別れ|談論 野球漫画



16、17巻。大リーグボール2号の謎解きが続く。
清原和博の事件をイメージさせる裏社会との交流のシーンが描かれている。



続きを読む

「巨人の星」大リーグボール1号完全敗北から2号へ|談論 野球漫画




「巨人の星」全19巻のうち、13巻まで大リーグボール1号が生きていた。結構引っ張るのだ。
続きを読む

「巨人の星」大リーグボール1号の完成と挫折|談論 野球漫画



先週に引き続き、「巨人の星」を追いかける。10~12巻。
続きを読む

「巨人の星」大リーグボール1号完成まで|談論 野球漫画



このあたりから絵のレベルがぐっと上がってくる。力が入っているのがわかる。私も力が入る。
続きを読む

「巨人の星」甲子園からプロ入りまで |談論 野球漫画



先週に続いて「巨人の星」を巻を追って取り上げたい。
続きを読む

巨人の星 黎明編、青雲編、熱球編|談論 野球漫画



読者各位の多くが原点にあたっていないようなので、少し詳しく紹介することにする。
まずは最初の3冊。
続きを読む

「巨人の星」読者の声|談論 野球漫画



当サイトの読者は40代が中心かと思えるが、意外なことに多くの人が原作には接していない。オンタイムで読んでいた私は、ギャップを感じる。
アニメも含めての感想である。

続きを読む

まさに画期をなす 「巨人の星」①|談論 野球漫画



川崎のぼるの画になるが、これは梶原一騎の作品である。梶原にとっても、実質的なデビュー作であり、大げさに言えば、日本の漫画観を変えた作品になった。
続きを読む

「キャプテン」読者の声 その2|談論 野球漫画



素晴らしい反響をいただいた。また週末に野球漫画を取り上げる。何にしようか迷っているが、やはりしばらくはエポックメイキングな漫画になると思う。
続きを読む

5人のキャプテン キャプテン③|談論、野球漫画



名前がわからない人物も含め、この漫画では5人のキャプテンが描かれている。
続きを読む

「大人の世界」もリアルに描く キャプテン②|談論、野球漫画



虚構のリアリズム「キャプテン」を語る上で見逃せないのが「大人、社会対こども」の対立だ。2つのエピソードから紹介する。
続きを読む

「キャプテン」読者の声|談論 野球漫画



私は見ていないが、アニメで記憶している人も多い様だ。この作品が深く愛されていることがわかるコメントが集まった。
続きを読む

「虚構のリアリズム」キャプテン①|談論、野球漫画



野球漫画論のトップバッターは、ちばあきお「キャプテン」。イチローがプロ入りの時に寮に全巻揃えて持ち込んだといわれる漫画だ。
続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ