野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

2017NPB

西武、DeNAも戦力外通告



戦力外通告選手の紹介をしてわずか2日だが、大きな動きがあったので再び紹介する。

続きを読む

松本哲也、引退表明



小柄、ノンブランド、育成上がりという巨人では絶望的なキャリアの持ち主ながら、よく頑張って実績を残した。続きを読む

現時点での戦力外、引退、自由契約選手 セ



セ・リーグの方が戦力外通告が早いのは、例年通り。



続きを読む

現時点での戦力外、引退、自由契約選手 パ



第一次の戦力外通告期間に入っている。ポストシーズンの望みがなくなったチームを中心にリストラが始まった。続きを読む

武田久、現役続行を表明



来年、40歳になる武田久は、現役続行の道を探るようだ。こういう時代になったということだろう。


続きを読む

大谷翔平が一人で背負うリスク



日本製の素晴らしいマシンが久々に登場した。特にパワーユニットが素晴らしい。アメリカでも注目され、マシンを買いたいとオファーがあった。

続きを読む

翔平!おめ、本当にアメリカさ行くんだか?



本拠地最終戦で、先発で4番で出場したというのは集大成ということなのか?続きを読む

梵英心、他球団移籍の変



広島は4日、投手の今井啓介(30)、小野淳平(30)、捕手の多田大輔(21)、育成捕手の松浦耕大(24)を戦力外にしたが、これとは別に梵英心が(37)が退団することになった。続きを読む

清宮「フィーバー」に感じる一抹の胡散臭さ



清宮幸太郎が今、巻き起こしている一連の騒ぎは、MLBでは起こり得ない。MLBのドラフトは完全ウェーバーだ。日本でいえば前年日本シリーズで負けた方のリーグの最下位チーム、中日に指名権がある。続きを読む

清宮幸太郎の"逆面接"に各球団はどう応じたか?



選手が球団を"逆面接"するというのも不思議だが、各球団の対応は体質を表していて、興味深かった。


続きを読む

片岡治大、引退



この選手は「巨人に行ったから駄目になった」とは言い切れない。ただ、故障をしたら容赦なく新しい選手を取ってくる、金に糸目をつけない球団だったのは不幸だ。

続きを読む

選手を取るだけとって使わない巨人



9月末の時点で、各球団の一軍に出た選手数と総選手数(育成選手含む)の比率を調べてみた。続きを読む

巨人がいない10月



今年のポストシーズンは、巨人が出場しないことが決まった。セ・パ両リーグでクライマックス・シリーズが始まったのは2007年だが、巨人がいない10月は初めてだ。

続きを読む

巨人の今季敗退、DeNAのポストシーズン進出に思う



残り3試合のDeNAと、2試合の巨人、ゲーム差は0.5、今日巨人が負けてDeNAが勝てば、1.5差となってその時点で巨人は届かなくなる。最後の最後で、巨人は踏ん張ることができなかった。続きを読む

セ・リーグ 先発投手育成の系譜



セの今世紀に入ってからの規定投球回数以上の投手についてもみていこう。続きを読む

パ・リーグ 先発投手育成の系譜



規定投球回数以上の投手の推移を年を追って見ていく。続きを読む

掛布雅之二軍監督の2年間



誠に好ましいことに、掛布雅之は、指導者としての資質があった。しかも金本知憲のような「一将功なりて万骨枯る」タイプではなく、前の記事でも言った通り、じっくりとチームを作っていく「漢方薬」タイプだった。続きを読む

掛布雅之への期待と諦念



予定があったので、昨日は甲子園に行けなかったが、掛布二軍監督の最終戦は7000人が集まったという。甲子園で二軍戦をすればこれくらいは集まるから、それほど多いわけではないが、二軍戦では入り口は1か所になるから、行列はできた。続きを読む

遠井吾郎 NPB1000本安打列伝 142



存在感は強烈だが、それほど大した成績は挙げなかった。いかにも阪神的な名物選手の一人。続きを読む

セ・リーグの各球団は今世紀に入って、野手をどのように育てたか?



21世紀以降のセ各球団の規定打席以上の選手を年度別に出してみた。選手をどのように育成しているかがはっきりわかる。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ