野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

2021MLBレビュー

レベルの高い投手陣 アトランタ・ブレーブス投手陣



若きエース、マックス・フリードが引き続き活躍。そして新戦力も力を発揮した。

続きを読む

リーグ4連覇だが アトランタ・ブレーブス打線



リーグ優勝はしたが、勝率はかなり落ちてしまった。続きを読む

エース引っ張る フィラデルフィア・フィリーズ投手陣



2012年を最後にポストシーズンには縁がないが、それでも2位になったのはエースが踏ん張ったからだ。続きを読む

相対的2位 フィラデルフィア・フィリーズ打線



それほど強くない戦力ではあったが、戦力差の少ない東地区では2位になった。ただポストシーズンには届かなかった。続きを読む

エースのリタイア ニューヨーク・メッツ投手陣



前年は5点近いチーム防御率だったが、昨年は1点近く向上した。

続きを読む

大物働かず ニューヨーク・メッツ打線



2018年以降、ポストシーズンとは縁がなかった。2021年は大物を加入させたが、打線が元気がなかった。続きを読む

防御率向上するも勝ち星上がらず マイアミ・マーリンズ投手陣



リーグ防御率は11位から6位に向上したにも関わらず、勝率は5割を割り込むと言う不思議な星勘定だった。

続きを読む

昔の名前 ワシントン・ナショナルズ投手陣



ストラスバーグ、シャーザー、コービン、サンチェスがそろい踏みしたのはほんの2年前だったが、一気に色あせた。



続きを読む

小粒打線だが ミルウォーキー・ブルワーズ打線



2020年は負け越しながらワイルドカードゲーム出場。もともと団子状態の中地区だけに、ポストシーズン出場の水準は下がるわけだが。続きを読む

エースがけん引 セントルイス・カージナルス投手陣



大エース、ウェインライトが一人でチームを引っ張った印象だ。
続きを読む

貧打解消 セントルイス・カージナルス打線



ロッキーズからアレナドが来たことが大きかった。続きを読む

バウアーの穴 シンシナティ・レッズ投手陣



このあたり、シカゴ・カブスとよく似ている。エースのトレバー・バウアーが移籍してその穴を埋めることができなかった。
続きを読む

打線はV字回復したが シンシナティ・レッズ打線



2020年は勝率.517ながらワイルドカードゲームまで進んだが、今年もほぼ同じレベルの勝率で終わったもののポストシーズンはなし。
続きを読む

ダルビッシュの穴 シカゴ・カブス投手陣



2020年オフ、ダルビッシュ有が移籍した時点でカブスの落ち込みは予想されたことではあった。続きを読む

やや上向いたが シカゴ・カブス打線



2016年から20年までの5年間で4回ポストシーズンに進出し、強豪の一角となっていたカブスだが今年は失速した。続きを読む

ノーマーク ピッツバーグ・パイレーツ打線



3年連続最下位、中地区では「独自の戦い」が続いている。筒香嘉智がチャンスに恵まれたのもチーム事情によるわけだ。続きを読む

想定を裏切るジャンプアップ サンフランシスコ・ジャイアンツ投手陣



ライバルのドジャースから払い下げられた投手が大活躍するという珍事もあって、打線以上にはねた印象だ。続きを読む

宝くじに当たる? サンフランシスコ・ジャイアンツ打線



ポストシーズンには2016年を最後に出ていない。リーグ中位の球団という印象だったが、いきなり30球団最多勝にジャンプアップ。

続きを読む

中の上の打線 ロサンゼルス・ドジャース打線



ナショナル・リーグは西地区の1,2位チームが突出して強かった。リーグ2位だが、ドジャースはビッグ2の1つだった。続きを読む

新エースのへこみ サンディエゴ・パドレス投手陣



残念ながら、パドレスの今季の落ち込みは、新たなエース、ダルビッシュ有の成績下落が最大の要因だったと言えるだろう。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
豊川遼 語学×野球のフロンティア toyokawa
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
LOGO-COVID19
sportiva
yakyuiku-Logo
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ35年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ