野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

2012MLBプレビュー

松井秀喜、戦力外に|2012MLBペナントレース



不振をかこつ松井秀喜。報道の中には、マイナー落ちかと書いていたものもあったが、それはあり得ないのだ。即戦力を期待して獲得された選手だから、戦力にならない場合はクビ(40人ロースター落ち)以外の選択肢はないのだ。
続きを読む

黒田、5勝目ならずも冷静|2012MLBペナントレース

黒田博樹はおそらく、シンカー主体の速球派投手から、幾分軟投派へのモデルチェンジを図っている。95マイル(153km/h)を超す球速は見られなくなった。マイナーチェンジではあるが、ローテーションを維持しながらの変身は難しい。続きを読む

黒田8回零封4勝目も苦労の投球が続く|2012MLBペナントレース

オークランド・アスレチックス=OAKは、クリスプとスズキが復帰。しかしセスぺデスもインジも出ず。今日の捕手はマーティンではなくスチュワート。続きを読む

黒田博樹の復元力|2012MLBペナントレース

ダルビッシュと前後するが、昨日の黒田博樹の好投も記録しておきたい。
ホルヘ・ポサダの引退セレモニーがあった、ヤンキースタジアムのオープニングゲーム。しかし黒田にとっては、それどころではない心境だっただろう。
続きを読む

ナショナル・リーグ 混戦模様だが|2012MLBプレビュー

ナリーグは毎年読みにくい。極端に戦力ダウンするチームがあるからだ。ほとんどの場合は、アリーグに主力選手が移籍するケースだ。今季もSTL、MILから主砲が抜けた。続きを読む

アメリカン・リーグ 投手力増強というトレンド|2012MLBプレビュー

MLBもNPB同様マトリックスで戦力の趨勢を見てみる。DIPSとRC27でマッピング。2011年は実績、2012年は選手成績を集計して出したもの。オレンジの点線は昨年のポストシーズン進出チーム。

続きを読む

加齢なる打線 フィラデルフィア・フィリーズ野手陣|2012MLBプレビュー

じわじわと衰えていたラウル・イバニェスをFAで放出。若手を起用しつつあるが、常勝軍団にもじわじわと老いの影が忍び寄りつつある。続きを読む

同じキャストでやってます アトランタ・ブレーブス野手陣|2012MLBプレビュー

毎年、ストーブリーグでは最も消極的なチームではあるが、昨年1勝差でポストシーズン進出を逃したにもかかわらず、しかも正遊撃手のアレックス・ゴンザレスが移籍したにもかかわらず、ほとんど補強をしなかった。続きを読む

強力とは言えないが ワシントン・ナショナルズ野手陣|2012MLBプレビュー

RCが100を超える選手はいない。しかし、昨年よりも戦力が充実した、と感じさせる打線が生まれつつある。続きを読む

伸び代、最大。 ワシントン・ナショナルズ投手陣|2012MLBプレビュー

スティーブン・ストラスバーグの開幕投手内定が物議を醸しているワシントン・ナショナルズ=WAS。ただ、その勢いはあなどれない。
続きを読む

ピストル打線 ニューヨーク・メッツ野手陣|2012MLBプレビュー

資金難がうわさされるニューヨーク・メッツ=NYM。選手を入れ替えただけで、満足な補強はしていない。続きを読む

ヨハン・サンタナ登場! ニューヨーク・メッツ投手陣|2012MLBプレビュー

ミネソタ・ツインズ=MINの顔と言えば今はジョー・マウアーだが、数年前まではヨハン・サンタナだった。江夏豊のような度胸満点の左腕だった。2007年にニューヨーク・メッツ=NYMに移籍しても、まずまずの数字を残していたが。続きを読む

生産性上がる マイアミ・マーリンズ野手陣|2012MLBプレビュー

時折本塁打が出るだけで、つながりに乏しかった打線に、首位打者が加入した。これは大きい。続きを読む

マイアミの台風 マイアミ・マーリンズ投手陣|2012MLBプレビュー

虹色のマークをつけた新チーム。2億ドル近い補強を行った。投手力でいえば、昨年ナリーグ東地区最下位だった戦力は確実に向上した。続きを読む

確実性がない アリゾナ・ダイアモンドバックス野手陣|2012MLBプレビュー

打者有利のチェイス・フィールドのわりに頼れる強打者がいないという感じ。本塁打は出ているが、打点の最高がアップトンの88というのが物足りない。続きを読む

まぐれか?ほんものか? アリゾナ・ダイアモンドバックス投手陣|2012MLBプレビュー

一昨年9勝だったイアン・ケネディが大ブレーク、21勝を挙げ、これが原動力となってナリーグ西地区の覇権を握ったアリゾナ・ダイアモンドバックス=ARIだ。続きを読む

頼りになるとは言い難い サンフランシスコ・ジャイアンツ野手陣|2012MLBプレビュー

一昨年後半、華々しくデビューした強打の捕手、バスター・ポージーに主軸を託したサンフランシスコ・ジャイアンツ=SFは、ベンジー・モリ―ナを放出した。しかし、昨年5月26日のフロリダ・マーリンズ=FLA戦で左足靭帯を断裂。チームも暗転した。続きを読む

粒のそろった4本柱ではあるが… サンフランシスコ・ジャイアンツ投手陣|2012MLBプレビュー

リンスカム、ケイン、バンガーナー、ボーゲルソンの4本柱は、質だけでいえばロサンゼルス・ドジャース=LADを上回る。そのあとが問題だ。続きを読む

モザイク打線 ロサンゼルス・ドジャース野手陣|2012MLBプレビュー

表を作るのに一苦労する。あちこちのチームでプレーしていた選手をたくさん寄せ集めて、主力の前後に配そうとしている。続きを読む

トップクラスの先発陣 ロサンゼルス・ドジャース投手陣|2012MLBプレビュー

黒田博樹の穴にカピュアーノが入り、さらにアーロン・ハラング。西地区随一の投手陣が完成した。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2016タイトルホルダー予想
Title2016
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ