野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

野球史

背番号「14」投手、歴次シーズン成績 1980年代



これ、結構大変なのだが途中でやめるわけにもいかないし、出来るときに更新します。

続きを読む

ドミニカ共和国1―0メキシコ 最少得点差 Olympic Game3



ノーガードのどつき合いかと思ったが、思いのほかに投手が優秀だ。
グループAの第2試合。

続きを読む

韓国―イスラエルの死闘 Olympic Game2

WBSC


読者各位は、Gorinの野球中継を絶対見たほうがいい。地上波でもBSでもどこの局もやってなかったけど、オリンピック野球競技グループB、韓国―イスラエルはものすごい試合になった。続きを読む

とりたにー!



真夏に交流戦でもないのにセパのチームが対戦するのは、めったにないことだ。27日から非公式戦、エキシビションマッチが始まった。私は28日当たりに佐々木朗希が出るだろうと思って、阪神ーロッテ戦を買っていたのだが、佐々木朗希の先発は27日だった。続きを読む

東京五輪に見る「野球の本質」



国際大会のたびに思うのだが、日本と他国、とくにアメリカ大陸の国の「野球」は別物だと思う。

続きを読む

日本、ドミニカ共和国に辛勝



今年のオリンピック野球競技の典型的な試合だったと言えるだろう。続きを読む

小学生に「技術?レベルが下がる?」



予想通り東洋経済オンラインの「小学生の盗塁是非」の記事は大きな反響があった。学童野球にこんな問題が起きていることを知らない人も多かった人がいる一方で、そういう経験をした人もたくさんいた。続きを読む

「町内の金棒引き」



予想されたことではあるが、東京五輪が始まってからの民放各局、NHKのはしゃぎぶりはあさましい限りだ。続きを読む

メディアの説明責任



東京五輪については、野球のことだけを必死に考えている。野球は一応仕事だが、他のスポーツにはファンとしてかかわるだけだからだ。東京五輪のファンになるのはやめておこうと思っている。続きを読む

使える投手、使えなさそうな投手



仙台で走行試合を2試合観た。1試合目は所要のため、途中で出たが、いろいろなことが見えてきた。続きを読む

6チームの温度差



侍ジャパン
「日本に金メダルを持って帰るために、我々は全力を尽くします」
「暑さが厳しい日もありますが、日本全国で頑張っている人たちのために僕たちも頑張ります」
続きを読む

背番号「14」投手、歴次シーズン成績 1970年代



「14」がエースナンバーになりつつあった時代だ。続きを読む

もしナベツネが提唱する1リーグができていたら



昨日、ナベツネの「球界再編」のことをブログに書いた。「もし1リーグ制になっていたらどうなっていたか?」という質問をもらった。面白いテーマだと思うので考えてみたい。続きを読む

侍ジャパンのプレッシャー



日本の金メダル候補の取りこぼしが結構報じられている。メダルばかり気にする国民性はせこいと思うが、日本人は「五輪に出てなんぼ、メダルを取ってなんぼ」なんだろう。続きを読む

引き裂かれるスポーツマインド



多くの国民は、コロナ禍での五輪開催には否定的だった。一番大きな理由は「日本中で病気が蔓延しているときに、お祭りなんてできない」という感情だったと思う。

続きを読む

ナベツネの球界再編



一昨日、BSで「独占告白 渡辺恒雄 ~戦後政治はこうして作られた 平成編」の再放送があった。大越健介のインタビューが基本になっているが、球界再編についても触れられていた。続きを読む

背番号「14」投手、歴次シーズン成績 1960年代



我々がよく知る投手も「14」をつける時代になった。続きを読む

4割の人が「観たい競技はない」


J-CASTニュース
東京五輪「観たい競技」ランキング 3位「陸上」2位「競泳」、1位はまさかの...続きを読む

女子プロ野球、消滅



報知
女子プロ野球リーグが事実上消滅したことが分かった。21日までに岩谷美里(30)、西山小春(23)、柳理菜(24)が自身のSNSで退団を発表。これで所属選手が0となり、創設から12年目でその役割を一度終えることとなった。続きを読む

中山泰秀はなぜ高須克哉をSWCにご注進しないのか?



小林賢太郎の降板は、端的に言えば「仕方がない」。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
豊川遼 語学×野球のフロンティア toyokawa
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
LOGO-COVID19
sportiva
yakyuiku-Logo
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ35年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ