野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

野球史

部活につきまとう"ゾンビ指導者"




過熱する部活に対しては、今、世間の風当たりが強いが、当の学校側、特に部活推進者たちの中には、本気で改革しようという気持ちが薄い指導者も多い。彼らの本音が露呈した記事が載った。続きを読む

関根潤三 二刀流の成績




大谷翔平が出てきたときにムックの作成に参加し、私も書いたが、このとき関根潤三さんのインタビューも載った。もう歩くのが困難になっているようだ。続きを読む

大谷翔平のここまでの勤務状況

ohtani-Number


投手としてのみ考えるならば、かなり楽なスケジュールになっている。続きを読む

ジェフ・パッサンは単なる「いい奴」ではない



意外な報道でジェフ・パッサンの名前が出て驚いた。
スポニチ
オープン戦では二刀流に懐疑的だった米メディアの見方はガラリと変わった。米ヤフースポーツの敏腕記者と名高いジェフ・パッサン氏は「すみません。私が完全に間違っていました」との見出しで記事を使い謝罪。オープン戦では打者・大谷のスイングや二刀流の成否について、否定的な考えを述べていた。
続きを読む

川上哲治 二刀流の成績




これは成功事例とは言えないだろうが、やはり「二刀流の事例」ではあろう。続きを読む

鎌ヶ谷の輩に思う



先日、初めて千葉の鎌ヶ谷球場に行った。私は初めて訪れるときは、どんな場所でも駅から歩くことにしているが、鎌ヶ谷は駅前の住宅地を過ぎると農地や牧場が延々と広がる「田舎」になった。

続きを読む

田澤純一、今のところ順調



一時期はたくさんいたMLBの日本人救援投手だが、上原がNPBに復帰したために、マーリンズの田澤純一だけになるかと思えた。しかし今季西武から牧田和久、オリックスから平野佳寿がやってきて3人になった。田澤は2009年のデビューから10年目(トミージョン手術でのブランク1年含む)、もう古株である。続きを読む

大谷翔平、今日は4-2

ohtani-Number


各投手は易しいストライクゾーンにはほとんど投げなくなっている。難しい球ばかり投げられているが、それでもヒットが続いている。続きを読む

藤浪晋太郎、7回自責点1、まずは良かった



3試合目の登板。「これであかんかったら」みたいなことも言われていた。己の采配を棚に上げてなにを言うかという気もしたが、何にせよよかった。

続きを読む

藤村冨美男 二刀流の成績



あまり知られていないが、ミスタータイガースも二刀流で結構いい働きをしている。

続きを読む

大谷翔平、走者一掃三塁打

ohtani-Number


そろそろタコの日があってもいいとは思う。それほどいい打球も打っていないのだが、続くなあ。続きを読む

二刀流 景浦將の成績



金田正一や米田哲也のように「打てる投手」ではなく、本当の意味での「二刀流」は非常に少ないが、NPB草創期の景浦將は、その一人だ。続きを読む

「二刀流」米田哲也の成績



阪急のガソリンタンク。米田哲也は投手としては金田の34本に次ぐ33本塁打を記録している。


続きを読む

大谷翔平3打数1安打1打点1四球



この程度の成績を続けていって、3割をキープしてくれれば上々ではないかと思う。



続きを読む

MLB、もう一人の二刀流



二けた勝利、二けた本塁打はMLBではベーブ・ルースひとりだが、二けた勝利9本塁打の投手がいるのをご存じか。続きを読む

上原浩治を大事に使ってほしい



巨人というチームは伝統的に選手の起用がへたくそで、すぐに選手をダメにしてしまう。この点阪神と双璧ではある。続きを読む

MLB二刀流、ベーブ・ルースのSTATSを見る



大谷翔平の活躍で、二刀流だのベーブ・ルースだのが脚光を浴び始めたが、ちゃんとSTATSを見ていない人が多いのではないか。そこで投打の成績を作ってみた。続きを読む

張本勲は、彼なりの発言をしたのであるけども…



「まぐれなのか、アメリカの投手のレベルが落ちたのか、両方あると思うけども、3試合連続というのは珍しい。2試合はあるのよ」
日曜日の張本勲の発言が、週明けからの大谷の大活躍の中で波紋を呼んでいる。続きを読む

投打でランキングに載った大谷翔平



ミーハーで申し訳ないがMLBの公式サイトの本塁打と勝利数のランキングで大谷翔平が上位に乗っている。続きを読む

メンタル 大谷翔平と藤浪晋太郎



大谷翔平が、キャンプ中の課題だった制球力を克服するために、短期間でフォームの修正をしたことが記事になっている。
大谷翔平の投手としての“小さいが大きな”変化~野球医学の視点から~



続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ