野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

野球史

「野球離れ」への対策は、子どもたちへの普及活動に尽きる



「すべての子供に野球の普及活動をしても、野球界は市場を失うと思う」という意見があった。
史上を失うとは「シェア」の問題だと思うが、すでに少年のスポーツ市場では、野球はシェアを失っている。リーダーの座から落ち、フォロワーになっている。このまま手をこまねいて、何もしなければ、さらにシェアを失い、ニッチになる。



続きを読む

セ・リーグも左の方が有利だ、左右別打者のランキング、セ・リーグ



セ・リーグの打者成績を左右別に出す。こちらもパ・リーグと同じ傾向だ。続きを読む

左右別打者のランキング、目からうろこだ。パ・リーグ



今年もNPBやMLBの各成績をまとめるという楽しい仕事をしている。NPB、MLBともに選手データには左右、両のバット、腕べつの分類がしてある。エクセルでその別で選手を並べてみて、おっと思ってしまった。NPBの打撃記録を見ていきたい。

続きを読む

やればできるじゃないか!DeNAの明るい取り組み

Suzie-Suzuki


音楽評論で最近注目のスージー鈴木さんが先月から「東洋経済」で連載をスタートしているのをご存じだろうか。スージーさんは野球文化評論家として「週刊ベースボール」にもコラムを書いておられる。続きを読む

大隣憲司、トライアウトに



この左腕投手は私には思い出深い。続きを読む

当事者意識の問題



野球だけではないが、あるジャンルの将来について考えるときに重要なのは「立ち位置」だ。
同じ事象をとらえても「立ち位置」が違えば、見解は全く違うものになる。

続きを読む

同じ78歳でも違うのだ



川淵三郎さんがバスケットボール界の改革に着手したのは、78歳のときだった。次期コミッショナーと同じ年だ。しかしながら、状況は全く違う。続きを読む

斉藤惇 次期コミッショナーは何をするのか



確かに、78歳だからと言って、新コミッショナーを頭から否定するのは軽率なのかもしれない。
しかし、年齢は別にしても、斉藤惇氏が、私たちが考える「野球改革」に着手するとはとても思えない。続きを読む

そうかあ、大谷翔平はやっぱり行くのかあ



ウィンターミーティングの前に、ポスティングシステムをめぐるルールが大体まとまったようだ。


続きを読む

「侍ジャパン」が「野球危機」の解決につながらないこと 中島大輔「野球消滅」01

syometsu-02


侍ジャパン“崩壊”。なぜ野球界は一つになれないのか


中島大輔さんのNewsPicksでの連載「野球消滅」の01について紹介する。月額1500円の有料サイトの記事だが、ご本人からも承諾を得たので、一部、中身も紹介する。続きを読む

ロイ・ハラデー、事故死



ハラデー引退でブログを書いたのが昨日のことのように思える。
ロイ・ハラデー203勝で引退|2013MLBポストシーズン続きを読む

育成ドラフト選手の戦績6 阪神



続きをやりたかったがなかなかできなかった。阪神は野手を中心に育成選手を取っているが、ほとんどものにならず。

続きを読む

NPB、外国人選手の活躍状況 セ、打者編



セ・リーグの外国人打者は、パほど活躍していない。続きを読む

NPB、外国人選手の活躍状況 パ、打者編



数日前にフルカウントで、外国人選手の査定をしたが、これ、もう少し詳細に出したいので、紹介する。パの打撃陣。続きを読む

「捕手党」巨人は何がしたいのか?



今年の巨人は「ドラフトでしくじった」のかもしれない。多くが指摘するように、捕手ばっかり4人もとったのはどう考えてもおかしい。続きを読む

中島大輔「野球消滅」の衝撃

nakajima

中島大輔さんは、今年3月の東京野球ブックフェアでちらっとお見かけした。夏になって挨拶ができて知り合いになった。「野球離れ」について書いておられるライターだ。
先日、NewsPicksにアップされたこの記事は、最近ちょっとないほどの重要な記事だ。

【新】野球少年激減。プロ野球ビジネスが成立しなくなる日

続きを読む

阪神は、もっと頭を使って外国人選手を補強せよ



阪神タイガースの経営陣が大幅に刷新されたという。
スポニチ
四藤慶一郎球団社長(57)が退任し、代わって電鉄本社取締役の揚塩健治氏(57)が球団社長に就任、他に高野栄一球団本部長(54)ら常勤役員4人が退任する異例の大刷新で、3年目の来季、優勝を目指す金本知憲監督(49)体制を支える。(中略)四藤社長は近年の外国人など補強面の失敗が問題視されていた。続きを読む

「イチロー、ジーター氏に見捨てられた」これひどいなあ。



ZAKZAK
イチロー、ジーター氏に見捨てられた 日本復帰は?ビジネスに徹したマーリンズ
野球と関係ないが、総選挙後の産経新聞は本当にひどいと思うが、この記事もサンケイならではだ。続きを読む

11月5日時点の戦力外、退団選手 セ・リーグ



セは巨人が大量に選手の首を切った。優に1チーム分はある。
続きを読む

11月5日時点の戦力外、退団選手 パ・リーグ



日本シリーズが終わって第2次の通告期間に入った。11月15日はトライアウトだから、それまでにまだ出るだろうが、ここまでの顔ぶれ。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ