野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

2011年NPBペナントレース

ダルビッシュが達しつつある領域2|2011年NPBペナントレース

MLBでDIPS2.5以下を記録した投手を調べてみる。MLBの方がはるかに記録が整備されている。歴代の選手の記録をデータベース化したサイトは複数ある。誰でも利用できるのだ。続きを読む

ダルビッシュが達しつつある領域1|2011年NPBペナントレース

DIPSは、ボロス・マクラッケンという法律事務所の事務員が、暇にあかせて考え出した指標である。被安打、失点などは、投手の責任ではなく、「運不運の問題である」とし、投手の真の実力は、投手が自分でコントロールできる「三振、四球、被本塁打」だけで計ることができるのではないか、という考えがもとにある。マクラッケン自身も半信半疑だったが、データを集積すればするほどDIPSは正しいのではないかと思うようになった。このあたり、傑作『マネーボール』の「サブマリナー誕生」という章を読んでいただきたい。続きを読む

斎藤佑樹は田中将大の敵ではなかった|2011年NPBペナントレース

新入幕と大関の対戦、という感じだった。今年の田中将大は、ダルビッシュさえいなければダントツの沢村賞という出来。一方の斎藤は、1軍で投げてはいるが新人王争いではかなり後れを取っている。


続きを読む

ダルビッシュ、空前。偏差値で見るパリーグ投手|2011年NPBペナントレース

偏差値で見る今年のNPB。投手陣。パリーグも見てみる。まずは防御率と奪三振。成績は昨夜まで。

続きを読む

ダルビッシュ、空前。偏差値で見るパリーグ投手|2011年NPBペナントレース

偏差値で見る今年のNPB。投手陣。パリーグも見てみる。まずは防御率と奪三振。成績は昨夜まで。続きを読む

今年の3割は去年ならどれくらいの価値なのか?セリーグ編|2011年NPBペナントレース

今日は、ちょっとたくさん表を見ていただく。NPBもそろそろ終盤を迎えているが、打者が打席に立つたびに出るSTATSを見ていると、今年はセパ両リーグの打者が揃いもそろって大不振に見えてしまう。ご存じの通り、統一球と審判部の再編成などを主因とする極端な投高打低が進んだからだ。



続きを読む

NPB今年の新人王はだれか?パリーグ|2011年NPBペナントレース

パリーグも、投手部門では今年の新人が上位にいる(グレーは2年目以上の新人王有資格者)。


続きを読む

NPB今年の新人王はだれか?セリーグ|2011年NPBペナントレース

新人王の有資格者は支配下選手に初めて登録されてから5年以内で、前年までの出場が投手は30イニング以内、野手は60打席。2006年のドラフトで入団した選手が一番古い有資格者ということになる。

続きを読む

2010年NPBドラフト入団選手は活躍しているか?|2011年NPBペナントレース

NPBの新人についても考えてみたい。昨年のドラフトで各球団に入った新人のうち、どれだけの選手が1軍の試合に出たかの記録。


続きを読む

斎藤佑樹の「自意識」がほの見えた台風の日|2011年NPBペナントレース

斎藤佑樹が3塁側ベンチ前に姿を現すと、前のスタンドにわらわらと人が寄るのである。「自分の席に戻ってください」という警備員の声もむなしく、どんどん人は集まる。


続きを読む

今年の防御率1点台は凄いのか?偏差値で見るセリーグ投手|2011年NPBペナントレース

偏差値で見る今年のNPB。投手陣。打撃陣が軒並み数字を落としていることを考えると、投手陣は数字が上がっているはず。一種のバブルのような状態になっているはずである。


続きを読む

横浜ベイスターズと井川慶はよく似ている|2011年NPBペナントレース

今年、ニューヨーク・ヤンキース=NYYとの契約が切れる井川慶は、NYYではとっくに戦力構想から外れたが、5年2000万ドルという高額年俸がネックとなって他チームからのオファーもなく、この3年はマイナー暮らし。
続きを読む

吉井理人コーチは、最高の野球ファンだ!ほな、また。|2011年NPBペナントレース

司馬遼太郎さんによると、紀州(和歌山県)は、日本で唯一、敬語のない地方なのだという。これは、上下の身分関係が緩やかで、互いの距離が近しいということだ。親戚に和歌山の人がいるが、確かに親切で、親切が過ぎてややおせっかいである。

続きを読む

寿命が延びつつある外国人打者|2011年NPBペナントレース

巨人のアレックス・ラミレスが350本塁打。今やNPBを代表する大打者といえよう。外国人選手で長く活躍する選手はこれまで少なかったが、ラミレスは実績でもトップクラスといってよい。1000試合以上出場した外国人選手は11人いる。

続きを読む

横っ面を張られたようになった斎藤佑樹|2011年NPBペナントレース

斎藤佑樹ウォッチはもういいかな、と思っていた。毎度毎度締りのない投球だし、ベンチは過保護だし。魅力が感じられなかったからだ。しかしこの日の5回以降は斎藤とはこんな投手だ、と思わせるものがあった。おまけに最後にプロの洗礼も受けて、久々に印象的なマウンドだった。
続きを読む

振りかぶるダルビッシュは「もっとすごい」|2011年NPBペナントレース

「わしの長年の夢がかないました」と吉井理人投手コーチに言わしめたダルビッシュのワインドアップでの投球。そうした理由は「何となく」だそうである。


続きを読む

韓国三冠王、李大浩は大物か、太物か?|2011年NPBペナントレース

NPB各球団は、KBOで三度目の三冠王が濃厚な李大浩の獲得に乗り出しているという。

続きを読む

シロかクロかは知らないが、金本は引きどきである|2011年NPBペナントレース

阪神タイガースは、8月15日、金本知憲と来季も選手契約することを表明した。球団関係者が「一軍で元気にやっているのだから、そうなるでしょう」と明かした。

続きを読む

登板ごとに進化している菊池雄星|2011年NPBペナントレース

2年目の菊池雄星は、4月24日のイースタンリーグ巨人戦、2番手で今季初登板。2戦目まではリリーフだったが、以後、ファーム、1軍を通してローテーションを守ってきた。
続きを読む

暑苦しいマウンドが続く斎藤佑樹|2011年NPBペナントレース

前回登板では、93球中44ボール。今回は94球中34ボール。コントロールに関しては改善したようにも見えるが、依然としてしまりのない投球だった。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
Toyokeizai
sportiva
Full
yakyuiku-Logo
spportunity
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ