野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

野球報道

「勝利至上主義」の否定は、「勝利の否定」ではない



オリンピックに関する一連のブログを書いて、中身をほとんど読まずに反論する読者がたくさんいることに、今更ながらがっかりした。続きを読む

オリンピックの「コンセプト」が不在なのだ




今日もキャンプ地をうろうろ回りながら、五輪のことを書いてきた。少し補足をさせていただく。続きを読む

五輪の最終の目的は「メダル」なのか?



オリンピックや国際大会で日本人選手が活躍するのを見るのは、確かに気持ちがいい。「同朋がすごい活躍をする」のは、同じ日本人として誇らしい。それはそうなのだが、こういうことをどこまで「大きなこと」ととらえるかは、議論の余地があるだろう。続きを読む

私には私のスポーツ、となぜならないのか?



日本ではスポーツを「楽しむ」のは、何かいけないことのように思う人が多い。

続きを読む

仏作って…



毎日新聞

学校の部活動や地域スポーツの活性化のため、指導者の国家資格を創設する構想が浮上している。自民党が14日、スポーツ立国調査会内に地域スポーツのあり方を検討する小委員会を設置して議論を始めた。2020年東京五輪・パラリンピック後を見据え、部活動への外部人材の登用や、引退した選手のセカンドキャリアの受け皿をつくりスポーツ振興につなげたい考えだ。
続きを読む

「知りたい」ニーズに応えていない、既存メディア



契約形態は別にして、日本人はもうテレビを一生懸命見ることはなくなったのだろう。


続きを読む

DAZN11球団、試合配信の意味するもの 下



DAZNとJリーグ、プロ野球の契約は全く異なる内容になっている。

続きを読む

DAZN11球団、試合配信の意味するもの 上



これは大きなニュースだった。
スポナビのお知らせ
この度、ソフトバンク株式会社は「スポナビライブ」で提供するコンテンツ(一部除く)を、「DAZN」で提供することについて合意しました。合意に伴い、「スポナビライブ」は2018年2月13日をもって全ての新規申し込み受け付けを終了し、2018年5月31日をもってサービス終了いたします。
 今後は「DAZN」にて視聴いただけるよう「スポナビライブ」をご利用のお客さまには「DAZN」特別割引プランをご用意いたします。引き続きスポーツのライブ観戦をお楽しみください。
続きを読む

勝った羽生、負けた羽生から見えること



昨日の羽生結弦のショートプログラムは、沖縄、久米島の楽天キャンプを見た帰りのフェリーの中で見た。船のうねりを感じながら、時々電波状況が悪くなる中、実況を見た。おばさん二人が喜んでいたが、ひげのおっさんは全く関心が内容だった。今日のフリーは、石垣島までの飛行機に乗っている間に終わっていた、石垣市の球場で、ファンがざわめいていた。続きを読む

JFA「グラスルーツ」の先進性



昨日は、「Jリーグ百年構想」について紹介した。改めて言うまでもないが、プロサッカーの競技団体である。選手の「強化」、「エリート育成」は、当然のように行っている。

続きを読む

理念が忘れ去られたオリンピック



野球とサッカーの最大の差は「理念があるかないか」だと思っている。野球界が我利我利でいがみ合うのは「理想を共有していない」からだ。単なる言葉でも、それがあるかないかの違いは大きい。野球界も、理想を高く掲げた「理念」を作る必要があると思う。続きを読む

「Jリーグ百年構想」をもう一度紹介する



何度も取り上げているので、以前からお読みいただいている方はお気づきかもしれないが、今のオリンピックに象徴される、日本の浅ましいスポーツ政策と対極にある考え方を持っているスポーツ団体が日本に存在する。Jリーグだ。続きを読む

「スポーツ振興」に一番必要なのは何なのか?



昨日、BSでフィギュアスケートのドキュメントを放送していた。
荒川静香は、トリノ五輪で金をとることになる一世一代の滑りをしながら「競技者としてスケートをするのは、これが最後になるんだわ」と悟ったという。ぐっとくる話だ。

続きを読む

日本のスポーツ行政から見える、貧困



東京都北区の赤羽の駅から少し歩いたところに「味の素ナショナルトレーニングセンター」という施設がある。いろいろな競技施設が立ち並んでいるが、ここはただの運動公園ではない。
「我が国におけるトップレベル競技者の国際競技力の総合的な向上を図るトレーニング施設」として作られた。

続きを読む

赤の他人のアスリートを、馬鹿みたいに応援するのはやめよう。



ずいぶん長くオリンピックを見ているが、最近はまともに見る気がしない。日本人選手、とりわけメダルの期待がかかる選手に対する「応援過剰」が重苦しくて仕方がないからだ。続きを読む

「喫煙」で分かれる「指導者の意識」



最近になって、喫煙習慣は一般社会では厳しい目で見られるようになったが、成人が嗜むうえでは違法でも何でもない。煙草は街で普通に売っているし、場所さえ気を配れば人前で喫っても問題はない。

続きを読む

大相撲理事候補選挙から見えるもの



日本相撲協会の理事候補選挙、メディアも自嘲気味に言っていたが、国政選挙のような注目度だった。今のメディアは、そのジャンルに対する本質的な関心も、リスペクトも毛ほどもないが、もめごとと人の不幸には蠅のようにたかるのだ。続きを読む

井納翔一の例の件



気の滅入る話なのでスルーしようかと思ったが1度だけ書いておく。

続きを読む

根鈴雄次さんを応援する

IMG_8531


根鈴(ねれい)さんである。ときどき頼みごとをしたり、教えてもらったりする。昨年末に「Atta Boy 根鈴道場」に取材に行った。寒風吹きすさぶ中だったが面白かった。その模様をFull-Countに書いた。
「イチロー世代」のもう1人の“パイオニア” 3Aまで這い上がった日本人野手の今
「イチロー世代」のもう1人の“パイオニア” 3Aまで這い上がった日本人の野球観
「俺を超えろ、超えればメジャーだ!」、3Aまで這い上がった日本人野手の夢続きを読む

高野連、朝日の深謀遠慮 下



高校野球の改革は、今後不可避的に「球数制限」と「日程調整」の問題へと移っていくはずだ。1大会に1試合あるかないかのタイブレーク制の導入で「選手の健康に配慮した」とはとても言えないからだ。



続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ