野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

野球報道

「学校の暴力」はなぜなくならないのか?



先日、高校の授業中に教師に生徒が暴力を働いた動画がSNSに投稿されて話題になった。校内での暴力の是非をめぐる議論が沸き起こったが、日本が法治国家である限りは、この議論はもう終わらせなければならないだろう。



続きを読む

「部活」から「競争」を排除する意味



この本の重要な主張に、「部活」を「競争の場」から「居場所」への復元、があった。

続きを読む

ブラック部活と親の関係



この本にもたびたび親の問題が出てくるが、ブラック部活には「親」の存在が大きくかかわっている。続きを読む

これは野球界にとっても重要な本である



私が手にしたときにすでに3刷、よく売れているが、ブラック部活の最たるものという印象がある高校野球を考えるうえでも重要だ。続きを読む

「清宮劇場」の特異性



ドラフトの前に、球団関係者が選手や親、学校にあいさつ回りをするのは、ごく当たり前のことだ、という指摘があった。ちょっと違うと思う。続きを読む

メディアの下世話で切り売りされる清宮幸太郎



日曜日のワイドショーでも、清宮幸太郎の話題は大きく取り上げられていた。テレビ業界は今、スポーツでも歌番組でもなく、ドラマとワイドショーで持っている。ここで大きく取り上げることができた時点で、清宮はすでに優良コンテンツになっている。

続きを読む

TBSラジオ、野球中継撤退の報に思う



私の人生の数パーセントは犬の散歩に費やされている。物心ついたころから、集合住宅に住んだ時期を除いて、常に犬がいたからだ。今も在宅のときは1日1時間は犬と歩いている。最近はスマホで音楽を聴くことが多い、そういや昔はラジオでナイターを聞いていた。続きを読む

毎日新聞連載「高校野球新世紀」はダメ記事である



毎日新聞が7月12日付で「高校野球新世紀」という連載を始めた。1部はすでに終わって9月12日からは2部が始まっている。全国紙にしては意欲的な企画だと思ったが、今のところ期待を裏切る内容だ。続きを読む

野球とサッカー



「俺らのころは、サッカーなんて工業高校の奴らがやるもんだと思っていた」
昨年、明徳義塾の馬淵監督に「サッカーの競技人口が増えていますが」と聞いたときに帰ってきた言葉だ。どういう意味なのか?深く突っ込まなかったが、昭和の時代、野球人がサッカーをどう見ていたか、端的にわかる言葉だ。続きを読む

サッカーは国の一大事、野球はどうか?



6大会連続でワールドカップ進出が決まる昨日の一戦、朝も言った通り私はこの手のサッカーの大試合は見ない。接戦が続けば、胸が苦しくなるからだ。続きを読む

ブラック部活-24時間テレビ-甲子園



新聞社という組織は、身内にどれだけ「いうことをきかない社員」をもっているかが値打ちだと思う。
讀賣新聞は黒田清以下そういう分子を一掃してから、ろくでもないメディアになった。
朝日新聞東京社会部の原田朱美記者が、例の24時間マラソンを「ブラック部活」に例えたという。

続きを読む

野球界の行き過ぎた「長幼の序」は見直すべきだ



ジョブチューン★野球VSサッカー 国民的スポーツNo.1はどっち!?SP★で興味深かったのは、サッカーと野球の先輩後輩の関係だった。

続きを読む

ジョブチューン★野球VSサッカー 国民的スポーツNo.1はどっち!?SP★ 見ましたか?



ジョブチューン★野球VSサッカー 国民的スポーツNo.1はどっち!?SP★ 
夕飯時のバラエティなんか、誰が見るか!という口ではあるが、これは義務感もあって見た。確かにお手軽に作られたバラエティだったが、なかなか得るものもあった。
続きを読む

「部活」は「修行」ではない


朝日新聞
特別支援学校、熱中症で生徒重体 教員が10キロ走指示
これも、今の「部活」の決定的な欠陥をさらけ出している。続きを読む

諸君、大変だ、清宮幸太郎108号だそうだ!



スポニチ
「第28回WBSC U-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)」に出場する侍ジャパン高校日本代表は25日、千葉県内で練習試合を行い、早実の清宮幸太郎内野手(3年)が本塁打をマーク。高校通算108号とし、山本大貴(神港学園)が持つとされる高校通算最多本塁打記録を更新した。
そうかあ、甲子園で負けても、こういう手があったのかあ。この記事には対戦相手の名前さえないが(日刊スポーツによれば千葉工大1年の佐々木颯)。

続きを読む

ままならない夏



もう20年以上も前に、毎日新聞社のジャーナリスト、大野晃さんが日本の新聞のスポーツ報道について冷静な報道の姿勢を忘れて「ヒーローづくりに奔走」していると、自戒を込めて指摘している。
その姿勢は、今や「狂奔」といってもよいくらいヒートアップしている。続きを読む

「高校野球熱」を冷ますために「学校単位の全国大会の廃止」もありだ



人間ピラミッドや部活動の問題について発言している、名古屋大学の内田良准教授が、部活の今後について思い切った提言をしている。

部活動の全国大会は、もう廃止してしまったほうがいい続きを読む

新聞が報じるもの、報じないもの



朝のブログで紹介した通り、昨日はメットライフドームで「野球離れ」について話をした。そのあとで、各メディアの囲み取材も受けた。続きを読む

「名誉の戦死」と「怪我を押しての試合出場」の類似性

(古い本だが、この本は重要)

朝日新聞、毎日新聞などの大新聞社は、戦前、戦争に国民を駆り立てるうえで大きな役割を果たした。
「名誉の戦死」を美辞麗句を並べ立てて礼賛し、国民が「死ぬのはいやだ」「戦争に行きたくない」と口に出せないような空気を醸成していった。同調圧を濃厚にするうえで、大きな役割を果たした。続きを読む

松山英樹のインタビューで見えてくる「視聴者のニーズ」



最近の松山の試合に対するゴルフファンの食いつきは凄い。こないだ、空港では、搭乗時間になっても松山のプレーが見たくて、わざわざ搭乗口の列の後ろへ後ろへまわるおじさんがいた。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ