野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

野球報道

アルプススタンドが野球をしているわけではない



昨日の日大三-奈良大附戦について、サンケイのWeb版にちょっと不思議な記事が載った。

続きを読む

なぜそんなにゆっくりと「改革」するのか?



今年は例年になく、甲子園や高校野球に厳しい目が注がれている。

続きを読む

「投球数」を問題視するのはタブーなのか?



投手の「登板過多」「投球数過多」には諸説ある。登板間隔との関係があるし、投法、フォームの問題もある。変化球を投げるかどうかにも関連している。



続きを読む

ラガーさんは今も甲子園にいる、攻撃した人たちはどこにいるのか?



もう忘れてしまった人も多いだろうが、ラガーさんが、あたかも今のボクシング連盟の会長のようにたたかれまくったのは2015年の夏のことだ。続きを読む

2020東京五輪には反対の立場である



久米宏さんが、東京五輪を痛烈に批判している。
久米宏が改めて激烈な五輪批判! タブーの電通やゼネコン利権にも踏み込み「五輪に反対できないこの国は変」続きを読む

「開会式」というわけのわからないもの



開会式で思い出したので書いておく。2016年の岡山インターハイの取材をしたときのことだ。

続きを読む

伊集院光が開会式で抱いた違和感



この人は、該博な知識と、本質から視線をそらさない見識の高さで支持されている。元噺家だが、世間に迎合する雰囲気はない。

続きを読む

桃田賢斗は、もう「白」なのか



バドミントンの世界選手権男子シングルスで桃田賢斗が金メダルを取った。日本人初の快挙だ。ふつうであれば、メディアは喧伝するはずだが、なぜかハーフトーンである。続きを読む

スポーツと「検定」「公認」の問題



スポーツ団体も経済活動を行っている。組織を回すためには、何らかの形でインカムが必要になる。

続きを読む

若き野球指導者、荻野忠寛に注目!

ogino


元千葉ロッテの荻野忠寛さんとは、今年4月、東京であった会合で名刺交換をした。精悍な体つきの青年が近くの席に座っていたのであいさつしたのだ。続きを読む

プレイヤーズファーストについてもう少し



この言葉は、日本では、JFA(日本サッカー協会)が、選手育成の考え方として打ち出したものだ。

続きを読む

「プレイヤーズファースト」は「選手の言うことを聞く」ことではない



最近、高野連関係者が「プレイヤーズファースト」と言う言葉を使い始めたことが話題になっている。「新しい言葉を覚えたな」と揶揄されることもある。続きを読む

時代の閉塞感を打破しなければ



昨今、今や時代遅れ、明らかに間違っている、害毒以外の何物でもない、と世間で思っているものがなかなか改まらない、そういう事例があちこちに生じている。

続きを読む

女性部長をしかりつけた高野連の頭の固さ



日本のスポーツ関係の上層部は、ネット環境に疎い。今、自分たちにどんな風が吹いているのかをよくわかっていない。

続きを読む

むしろ、危ないのは地方大会だ



昨日、甲子園ドクターを20年以上勤めておられる医師に話を聞いた。その内容はまたメディアに寄稿するが、今の甲子園が恐ろしく厳重な医療体制を敷いていることは分かった。

続きを読む

日米の「野球観」の違い



スポニチ 昨日のサンデーモーニングで

司会の関口宏(75)が、「小宮山さんもメジャーで活躍してましたが、ハリさん(張本氏)はメジャー(の選手)は下手だって言っているんです」と“告げ口”すると、小宮山氏は「そうなんですか?野球の質で言えば日本の方が上だと思います。でも、能力の高さだと、とんでもないやつらがたくさんいますから。それと互角でやるのは大変なことです」と自身の経験も踏まえて持論を展開。張本氏も「体力はね…」と納得していた。続きを読む

ぐうの音も出ない



和田政宗と言う自民党の政治家は、丸川珠代などとともに安倍晋三の嘘の上塗りをする禿のような政治家だ。スポーツアナ出身だが、このほど、朝日新聞の高校野球の報道姿勢を痛烈に批判した。続きを読む

朝日新聞、毎日新聞がせっせと掘っている「墓穴」



昨日、新聞の話をしたら「所詮、新聞社だって営利企業だから」と言うコメントがあった。最近の人は何も勉強していないのだな、と言う思いを強くした。続きを読む

新聞メディアは「猛暑」といつ、向き合うのか?



明徳義塾は高知商に負けたようだ。頼みの綱の市川が10失点した。高知の野球界では、市川の肘を気にする人がたくさんいた。今月、高知商の元監督の谷脇一夫さんと話をした。谷脇さんは明徳義塾の馬淵さんとは仲良しだが、それでも最近の市川の起用には疑問を呈しておられた。続きを読む

高校野球の「敗北主義」



内田樹さんが、日本人の体質としての「敗北主義」について書いている。
「行き着くところまで行く」というのは、言い換えると「このままの方向に進むととんでもないことになるということがわかっていても、手をつかねて何もしない」ということである。「最悪の事態が到来するまで何もしない」というのは日本人の宿痾である。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ