野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

野球報道

尼崎市民は、もっとタレコミを



FNN
男子バレーボール部の部員が体罰を受け、けがをした兵庫・尼崎市の高校で、硬式野球部でも体罰があったことがわかった。市立尼崎高校などは、硬式野球部のコーチを務める男性臨時講師(25)が、野球部の1年生の男子部員に体罰を加えていたと発表した。尼崎市教育委員会には、このコーチが4月、1年生の校外合宿であくびをした部員を数十回たたいたといった情報が寄せられていた。続きを読む

市立尼崎は、バレーボールコーチの暴力の被害届を出すべきだ。



時事
昨年の全国高校総合体育大会で優勝した兵庫県尼崎市立尼崎高校男子バレー部のコーチを務める臨時講師(28)が3年生部員に平手打ちの体罰をしていたことが9日、分かった。
 市の教育委員会によると、4月29日の練習中に講師が部員に転がっているボールを拾うよう指示した際、その態度に激高して数回平手打ちをした。けがはないという。今月7日、学校に匿名の電話が入って発覚した。
 市教委は今後、関係者に詳しく事情を聴いた上で処分を検討する。講師は現在、学校の授業は行っているが、部の指導はしていない。
続きを読む

ついこの間まで「ガッツポーズ」を容認していたという事実



「お前は高校野球のガッツポーズを去年まで容認していたじゃないか」と読者からのご指摘があった。その通りでした。偉そうに言っているが、私だって明確な判断をしていたわけではないのだ。
その時の記事は、消さずに残しておく。それも私の中身である。

続きを読む

「個人」と「パブリック」



「ガッツポーズ」の議論をしていてちょっと驚いたのは「私はいいと思う」「気にならない」という意見がいくつかあったことだ。続きを読む

そんなに悩んで、考えてガッツポーズしているのか?



アメリカのアンリトゥンルールにしても、イギリス由来のスポーツマンシップにしても、スポーツが生成される過程で、それが「無軌道な喧嘩」や「暴力」に発展せず、平和な「遊び」の範疇でとどまるために考案されたものだ。続きを読む

スポーツファンシップについて考える



ガッツポーズは、誰に向けて行うものなのか?チームメイトか?相手選手か?それもあろうが、多くは観客席の応援してくれる人に向かってやっているのではないか。

続きを読む

「ガッツポーズ」の理屈



日本には「ガッツポーズ」くらいいいじゃん!という人がたくさんいるのだ。そういう人は「声の大きいもの」「なんかすごそうなもの」に無批判でなびく性向があるということになる。注意した方がいいだろう。

続きを読む

「春の珍事」



第90回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の1次予選栃木県大会で、宇都宮工OBクラブは宇都宮大OBクに0-14で負けたが、この試合で53歳の投手が社会人デビューしたという。続きを読む

何にもしない人々



3日ほど前、あるスポーツ団体の人と話をしていたのだが「日本では、すごく大事なポジションに、何にもしたくない人がいて、平気でお給料もらっているから困るんですよね」という話になった。続きを読む

テレビ、新聞は「町内の金棒引き」に成り下がっている



最近、暴走車が人を撥ねる痛ましい事故が続いている。交通事故そのものが減少する中だから、余計に目立つのかもしれない。続きを読む

指導者は「教育者」ではなく「プロ」であるべき



いろいろな状況の変化で「教育者」という言葉の定義が、揺らいでいる。

続きを読む

一番ダメなのは指導者だ



今、「球数制限」についての本を書いているが、調べれば調べるほど、日本の野球界、スポーツ界は病んでいると思う。その患部は間違いなく指導者だ。

続きを読む

令和の野球界に期待したいこと③野球界の大同団結



新潟県高野連が「球数制限」を導入するという英断を下すことができたのは、それが新潟県野球界の「総意」だったからだ。

続きを読む

「始球式」あれこれ



私は野球の試合にはカメラとスコアブックを必ず持っていく。行けば、いろんなものをカメラに収める。始球式もたくさん撮った。いくつか紹介しよう。稲村亜美はたくさん見ているが、みんな知っているので今回は出さない。続きを読む

甲子園と「新聞社の不作為」



今、高校野球と健康被害について調べ物をしている。続きを読む

スポーツマンシップ、アンリトゥンルール、武士道



スポーツはイギリス発祥だ。これをするための心得であるスポーツマンシップもイギリスで生まれた。

続きを読む

ガッツポーズはアメリカにはない




日本と海外のスポーツの概念が違うことを実感するのが、ガッツポーズなどのパフォーマンスだ



続きを読む

今の高校野球指導者の本心を語った佐賀北、百崎敏克元監督



「有識者会議」が始まった。日本高野連はこの会議を4回やって結論を出そうとしている。たった4回である。もう根回しが始まっているとの話もある。


続きを読む

「何にも知らない人が一番強い」理不尽



メディアに投稿しているライター仲間の多くは、投稿した記事につくコメントは「一切読まない」と言っている。ろくなものがないし、読めば気分が悪くなるだけだからだ。



続きを読む

GWは〇〇三昧



1週間ほど家を空けて、新潟、東京、千葉、川崎、金沢を回って帰ってきた。お酒も結構飲んだが何とか無事だ。野球の仕事もそれ以外の仕事も結構詰め込んだ。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
Toyokeizai
sportiva
Full
yakyuiku-Logo
spportunity
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ