野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

野球報道

桜田義孝五輪担当相に象徴される日本の「スポーツ行政」の貧困



安倍晋三総理は「五輪担当大臣」に、最初から何も期待していなかったのだろう。2020年のオリンピックは、キャリアのハイライトにするつもりだったから、当然、自分で仕切るつもりだった。端的に言えば、五輪担当相は誰でもよかったのだろう。続きを読む

〇〇だから××になれないという、野球界の不思議



根鈴雄次さんは、しっかり紹介をしたいと思っていた。NPBの流れからは逸れてしまった人だが、この人の打撃理論はすごく面白い。



続きを読む

2月14日は、バレンタインデーだけではない



鷲田康さんは、文春系のメディアを中心に書いている大物ライターだ。



続きを読む

地方新聞から浮かび上がる「野球の不都合な真実」



地方に出張に行くと、全国紙ではなく地方紙に目を通すことが多くなる。地方紙は全国紙と異なり、いろいろなものへの忖度が少ないので、思い切った記事を書くことが多い。

続きを読む

球界再編の意味を問う好連載「野球の国から 平成野球史篇」



日刊スポーツの「野球の国から」の「高校野球編」は、昭和の指導者の「暴力礼賛」であり、若い記者が書いているとは思えないほどひどい。今掲載する意味はないが、「平成野球史編」は、非常に面白い。2004年の球界再編がどんな意味を持っていたかを改めて我々に知らしめる。続きを読む

野球が嫌いな人が多いのだな、という実感。



このサイトにもたまにやってくるが「野球の何が面白いのか理解できない」という人は結構多い。続きを読む

今朝の「新潟日報」の日報抄から



SNSのお友達から教えていただいた。素晴らしい内容なので、まるごと紹介したい。続きを読む

もとい!鈴木大地長官は偉い!



原辰徳なみ、などと失礼を言ってしまった。共同通信との一問一答の詳報を読んで、素晴らしいことを言っていたことが分かった。続きを読む

鈴木大地長官も「球数制限」を支持



この人は、有能なのか、そうでないのか。「そうでない」という噂も少し聞いた。ユニセフの会合で近くにいたが、受け答えを聞いていると、なんとなく「原辰徳」のようなイメージだったのだが。

続きを読む

筒香記者会見、新聞が報じない、新聞の責任



筒香会見「新聞社が主催しているので」発言をやっぱり“朝毎”は報じなかった問題
24日の日本外国特派員協会の筒香嘉智の記者会見で、私が注目したのは「どうでもいい質問しかしない日本のジャーナリズムと異なる外国メディアの質問に、筒香はどうこたえるか」だった。続きを読む

渡辺元智前監督の「球数制限」に対する本音



おそらくこの人は今、面白くないはずだ。教え子の筒香嘉智が「野球改革」について発言しているが、渡邊前監督の名前は一度も出てこないからだ。

続きを読む

高嶋仁監督の「美談」



智辯和歌山の高嶋仁前監督が、昔ながらのどついて選手を動かす監督なのは、映画、KOKOYAKYU~アメリカ人が見つめた"甲子園への道"~でもよく知られている。



続きを読む

長谷川滋利「球数制限」について直言



やはり功成り名遂げたメジャーリーガーの発言は大きなインパクトがある。
フルカウントは私も書いているメディアだが、橋本さんはよくぞ聞き出したと思う。

続きを読む

熱心な指導のあまり「暴力」「パワハラ」は誤りである



野球部だけではないが、スポーツ指導者の暴力沙汰が明るみ出るたびに「熱心な指導のあまりに手を出してしまった」みたいな言い訳がでてくる。これは完全な間違いだ。

続きを読む

暴力、パワハラと、タレこみと



明石市長のパワハラ発言はいろいろ考えさせられる。

続きを読む

「嵐」活動休止はなぜニュースではないのか?



先ほどの更新で「嵐」のニュースがNHKや民放の「ニュース番組」で流れることに大きな違和感があると書いた。なぜそうなのか、ということについて考えたい。続きを読む

「あなたにとって〇〇とは」



昨日今日と「嵐」が吹き荒れて、うんざりしている。NHKのニュース番組でさえトップで扱っている。自分たちの番組に出ているからだろうが、新聞だと思って買ったらチラシばっかりだったみたいな残念さを感じる。

続きを読む

新聞をめぐるおぞましい現実



世の中には構造不況業種と言われる業種が結構あるが、スポーツ新聞ほど深刻な状況になっている業種はちょっとないのではないか。

続きを読む

横浜商大佐々木正雄監督がやってきたこと



少し旧聞だが、横浜商大佐々木正雄監督の勇退に際する記事が、関係者で話題になっている。

続きを読む

「高知商問題」の本質を改めて問う



これぐらいにしておこうと思ったのだが、高知商の問題とその背景について、きちんと整理をしておいたほうが良いと思った。しつこくて申し訳ない。
続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
Toyokeizai
sportiva
Full
yakyuiku-Logo
spportunity
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ