野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

アマチュア野球

敢えて言おう、たかが高校生の部活である 下



高校野球は本来の部活の目的、意義を逸脱し、全国大会である甲子園を無上の目標として、勝利至上主義に走り、夥しい健康被害を垂れ流している。またエリート主義の偏重によって、多くの高校生の教育の一環たる「部活」への参加機会を奪っている。

続きを読む

敢えて言おう、たかが高校生の部活である 上



肥大化し、様々な飾りをまとった甲子園、高校野球の「素の姿」を見つめる時期が来ていると思う。
そうしないと、なぜ変わることができないのか、なぜ混迷が深まるのかが見えてこない。

続きを読む

「甲子園ファン」を無視も軽視もできないが



「甲子園」は、高校部活の全国大会であり、その点では他の部活と何ら変わりはないはずだ。しかし、「甲子園」は、毎年春と夏には日本中が盛り上がる国民的なイベントになっている。このことによって「そもそも論」が、吹っ飛んでしまっている。

続きを読む

「甲子園で燃え尽きる」は教育足りうるか?



また読者へのリターンだが、この問題、過去にもいろいろ議論をしてきた。
高校野球は、人生の通過点に過ぎない。野球選手にとっても単なるユースの一時期のはずだが、一部に「甲子園で燃え尽きたい」と願う生徒もいる。これを容認すべきか否か。容認するとすれば「教育」といえるのか。

続きを読む

「基礎を鍛える」のは未来のためのはずだが…



朝のブログに対し「高校とプロの練習は違う。高校は基礎作り」というコメントがあった。そういう声はこれまでも聞かれた。高校の練習が本当に「基礎」になっているのなら、言うことはないのだが、現実は全く違ったものになってるのだ。

続きを読む

プロ野球の練習を、高校野球は見習うべきだろう



宮崎のキャンプを回っている。最近は、だいぶ経験を積んできたので、あまり早く行き過ぎてもいけない、ということに気が付き始めた。続きを読む

「高校野球」の変質、劣化



多くの高校、特に私学にとって「甲子園」は、何よりのアピールになる。そのために優秀な指導者を招聘し、有望な素材の選手をスカウトする。
本来「未来への投資」であり、「教育の一環」であるはずの部活、高校野球はこうして変質していく。続きを読む

「甲子園」は「疑似学歴化」している



本来、人間性を養ったり、技術、体力、知識を身に着けたり、礼儀作法を身に着けたり、チームワークを学んだり、つまり子供が将来役立つ知識、経験を身に着けるのが目的=教育的目的であるはずの「高校野球」が、目の前の「勝利」「甲子園」を追い求めるものに変質している。堺ビッグボーイズの野球指導者、阪長友仁さんはそういった。

続きを読む

「高校野球は教育の一環」って本当だろうか?



一昨日、大阪市内で行われた堺ビッグボーイズの阪長友仁さんのセミナーをのぞいた。この内容は「東洋経済ON LINE」や「Full-Count」に掲載するが、非常に示唆に富む部分があったのでブログにも書く。

続きを読む

高野連、朝日の深謀遠慮 上



朝日新聞

今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)から入場無料だった外野席が有料となり、バックネット裏の中央特別席が全席前売り・指定化されることになった。24日に開かれた選手権大会の運営委員会で決まった。外野席の入場券は500円ほどを想定しており、中央特別席(現在は2千円)も含め、料金は4月の次回運営委で決まる。続きを読む

野球の「野」は、今も野蛮の「野」?



山口高志は、市神港時代から剛速球で鳴らしたが、関西大に入学して肩に痛みが出て投げられなくなった。その頃、憧れの大先輩、村山実に会う機会があった。続きを読む

高校野球、タイブレーク制、正式導入決まる 気休めではあるが



「二階から目薬」であり、選手の健康面でのメリットはほとんどないが、やらないよりマシではある。



続きを読む

今年を振り返る1 「野球遊び」



「野球崩壊」という本を出したのは2016年10月だった。この本は、それほど売れず、版元に迷惑をおかけした。しかし反響はかつてないものだった。

続きを読む

野球のエリート的性格について 下



野球は、戦後、男の子の遊びの王座に躍り出た。学校から帰ればランドセルを放り出してバット、グラブをもって駆け出していくのが昭和の子供だった。

続きを読む

野球のエリート的性格について 中



「野球はそうした歴史的な特性を持ってることに留意すべきだろう」の主語がわからないというご指摘を受けた。恥ずかしいことである。読者各位と「野球の未来を考える」問題意識を共有しているつもりではあったが、当然、そのことを知らない方も読みに来られる。留意すべきだった。
「"野球離れ"を憂慮する人は、野球がそうした歴史的な特性を持ってることに留意すべきだろう」という意味である。続きを読む

野球のエリート的性格について 上



野球が他の学校スポーツと決定的に違うことが1点ある。それは「授業のカリキュラムに入っていない」ということだ。

続きを読む

お勉強していると甲子園に行ける?



毎年文句を言っているが、今年も選抜の「21世紀枠」の候補校が発表された。続きを読む

「連帯責任」云々ではない



仙台育成は、硬式野球部員の監督辞任、1か月の活動自粛を発表したが、おそらく高野連は一定期間の活動停止処分を科するものと思われる。

続きを読む

「競技」のことしか考えていないアマ球界



何度も説明してきたが、今の「野球離れ」の最も深刻な部分は「裾野の減退」だ。そこを何とかしないと将来は非常に厳しくなる。続きを読む

「軟球」の仕様変更は「改善」と言えるのか?



朝日新聞

野球の軟式球が12年ぶりに変わる。全日本軟式連盟と野球ボール工業会は、現在の球より低く弾み、硬式球に近い感覚でプレーできる新公認球を発表した。主な狙いは、中学生の高校硬式野球へのスムーズな移行と、硬球がメインの海外への普及だ。
続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ