野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

アマチュア野球

星稜・林監督は何をしたのか?



スポニチ
今春センバツで対戦相手のサイン盗みを疑って抗議した一連の言動を問題視され、学校から指導禁止処分を受けていた星稜の林和成監督(43)が、5日から監督業務に復帰することが正式に決まった。


続きを読む

「正面で捕る」



甲子園優勝監督のドキュメントを読むと、大監督の中にはいまだに「打球は正面で捕る」を指導している人が結構いることがわかる。続きを読む

「高校野球」はまだこんなことをしている



日大三高は12月のテストが終わると、2週間にわたって「冬の強化トレーニング」をするのだという。

続きを読む

今どきの若者のほうがはるかにまともで優秀である



高校野球の有名監督の考えをまとめて読む機会があった。「今時の高校球児」についての彼らの見方は一致している。続きを読む

佐々木朗希、大船渡国保監督の確信



春季岩手県大会▽1回戦 釜石5―4大船渡
佐々木朗希は、マウンドに上がることなく敗退した。
続きを読む

佐々木朗希は封印を解くのか?



4月に163km/hを記録してから、佐々木は剛速球を封印している。

続きを読む

佐々木朗希は知っている



メディアはまたぞろ、165㎞/h投手、大船渡佐々木朗希の甲子園での大活躍を期待しているが、佐々木はそんなにバカではない。

続きを読む

令和の野球界に期待したいこと②高校野球のリーグ戦



これは氏原英明さんが強く主張していることだ。端的に言えば、今の高校野球の問題は、リーグ戦を導入することであらかた解決する。続きを読む

選抜、決勝戦進出校の投球数



2012年以降の春の甲子園、決勝進出校の投手の球数を調べてみた。

続きを読む

甲子園球場、暑さ対策をちょっとだけ施す



そのこと自体は結構なことだが、これしきの事で地球温暖化に立ち向かうのは無謀だろう。

続きを読む

「球が速い」=「故障のリスクが大きい」



佐々木朗希が難儀なのは「十代の身空で100マイルの球を投げてしまったこと」だ。



続きを読む

佐々木朗希は、甲子園で見たくない。



大船渡高校の佐々木朗希が、100マイルを超す剛速球でにわかに注目を集めている。

続きを読む

習志野の「美爆音」ですか



甲子園はなかなかの寒さである。東日本大震災の直後に、今は楽天の釜田の投球を見たのを思い出す。

続きを読む

サイン盗み、ほころびが見え始めた高校野球



昨日の星稜-習志野戦は、野球は好投手だけでは勝てないという好例のような試合だった。なかなか面白かったが、トラブルも起こっている。

続きを読む

日本高野連の尻尾をつかまえろ!



予想通りの結論ではあった。
サンスポ
日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連が今春の新潟県大会で導入を目指していた投手の球数制限について、同県高野連に再考を求めることを決めた。専門家を交えた「投手の障害予防に関する有識者会議」を4月に発足し、多角的に検討する。

続きを読む

「母子家庭」と野球



時代は変わったな、と痛感するのは、幼稚園や保育園での野球普及活動の取材をするときだ。園長先生に話を聞くと必ず「母子家庭の子も多い。そういう家のお母さんは忙しいし、野球なんて知らないから、子供も野球に触れる機会がない」という話が出る。続きを読む

小学校軟式野球、球数制限導入へ



朝日新聞
全日本軟式野球連盟は14日、京都市内で評議員会を開き、今夏の小学生の全国大会で、1日あたりの投手の投球数を70球以内とすることを決めた。また、1年間の周知期間を経た2020年度からは、すべての小学生の公式戦で球数制限が導入される。将来的には中学や女子にも広げる方針だ。続きを読む

「兼部」のすゝめ



スポーツ庁の鈴木大地長官は、野球部と他の部活の「兼部」を提案した。少子化の中、どのスポーツも競技人口が伸び悩んでいる。「兼部」はこの打開策として極めて有効だ。

続きを読む

学生野球協会、暴力2指導者に軽い処分



サンスポ
選抜高校野球大会(3月23日開幕、甲子園)に出場する春日部共栄(埼玉)と松山聖陵(愛媛)の2校で、部員への暴力があった監督が謹慎を科されて大会に参加できなくなった。1日に東京都内で開かれた日本学生野球協会の審査室会議で処分が決まった。続きを読む

自信を失いつつある高野連



高野連が混迷の度を深めているように思われる。



続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
Toyokeizai
sportiva
Full
yakyuiku-Logo
spportunity
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ