野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

長野県

見てきました『信州の野球史』展|野球史



ポスターにでかでかと深志城(松本城)が映っていたから、てっきりあのあたりだと思って松本に宿をとったのだが、長野県立歴史館は、そこから電車で一時間半もかかるのだ。相変わらず馬鹿である。
続きを読む

これが長野県ベスト9だ!|長野県-14

nagano-Title


最後に、長野県ベスト9をグランドに配置し、打順を決めたい。続きを読む

オール長野の野手陣を決める|長野県-13

nagano-Title


ずいぶん手間取ってしまった。長野県の野手のベストを決める。候補選手の、キャリアハイの成績を比較して選出したい。続きを読む

オール長野の投手陣を決める|長野県‐12

nagano-Title


いよいよ長野県のベスト9を決めていく。まずは投手陣。いろいろ考えたのだが、平均値ではなくキャリアハイで決めることにした。その選手の一番良いシーズンの成績を比較するのだ。その方が数字的に景気がいい。先発4人、中継ぎ1人、クローザーを1人決める。続きを読む

決戦!長野市対松本市|長野県-11

nagano-Title

この特集は、長野県のベスト9を決めるのが最終目標だが、その前に長野県では、永遠のライバルと言われる長野市と松本市のベスト9を決めてみたい。
別に両市をもめさせる気はないが、中々面白い。
続きを読む

南信地方の高校を出たプロ野球選手|長野県-10

nagano-Title


長野県出身のプロ野球選手の総まくりも今回で最終回。南信地方。山が深く、過疎地が多い。長野よりも愛知県とのつながりが深い地域も多い。続きを読む

北信地方の高校を出たプロ野球選手|長野県-09

nagano-Title


長野市以外の北信地方からは須坂市の須坂商業、須坂園芸が甲子園に一度ずつ出場しているが、総じて野球どころとはいえない。豪雪地帯であることも影響していよう。続きを読む

塩尻市の高校を出たプロ野球選手|長野県-08

nagano-Title

中信地区で松本市以外にプロ野球選手を輩出しているのは、塩尻市だけ。しかも、一校だけだ。続きを読む

岡谷市の高校を出たプロ野球選手|長野県-07

nagano-Title


長野県のほぼ中央に位置する。かつて養蚕業、今は精密機械の町。技術、職人のイメージがある街だ。続きを読む

東信地方の高校を出たプロ野球選手|長野県-06

nagano-Title


東信とは上田市、佐久市、東御市、小諸市、立科町、軽井沢町、小海町など長野県東部の地域。上田市を除くこの地域の高校を出たプロ野球選手。続きを読む

上田市の高校を出たプロ野球選手|長野県-05

nagano-Title


長野県第三位の都市、上田市。真田氏の居城だった上田城が思い出される。桜の名所、そして城下町の風情が残る。ここも、長野、松本とは町のたたずまいが違う。続きを読む

松本市の高校を出たプロ野球選手2|長野県-04

nagano-Title


松商学園以外の松本市の高校を出たプロ野球選手は5人しかいないが、なかなかの粒ぞろいだ。
続きを読む

松本市の高校を出たプロ野球選手1|長野県-03

nagano-Title


松本市は、長野市から車で1時間少し。それほど離れてはいないのだが、街の空気はかなり違う。西郊に日本アルプスが壁のように立ちはだかり、町には清新の空気が流れる。松本城が名高いが、むしろ町は近代建築に象徴される、学問の府という印象だ。続きを読む

長野市の高校を出たプロ野球選手|長野県-02

nagano-Title


関西から列車に乗ると、千曲川沿いに高原の町々を通過し、姨捨という駅を超えたあたりから、右手に平野が見えてくる。その広がりを見下ろしながら、まるで飛行機のように弧を描いて列車は降りていき、長野市に到着する。何とも気持ちが良い旅だ。続きを読む

長野県プロ野球選手総まくり、はじめます!|長野県-01

nagano-Title

信濃の国は十州に 境連ぬる国にして
そびゆる山はいや高く 流るる川はいや遠し
松本 伊那 佐久 善光寺 四つの平は肥沃の地
海こそなけれもの沢に 万足らわぬ事ぞなき

突然ではありますが、本日より長野県特集をしばらくやります。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2016タイトルホルダー予想
Title2016
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ