野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

検証、2012MLB日本人選手

1年1年が勝負、黒田博樹|検証、2012MLB日本人選手‐18



黒田博樹は、ニューヨーク・ヤンキース=NYYにおいて、エースと言っても良い実績を残した。年齢的な問題はあるにせよ、黒田の残留はNYYにとって最重要事項であるのは間違いがない。
続きを読む

黒田博樹、頼みの綱はシンカー|検証、2012MLB日本人選手‐17



黒田博樹の投球を、ダルビッシュ同様球種別に分けて見てみよう。4/30の試合だけ、この記録を取っていなかった。ご容赦。続きを読む

粘りのエース、黒田博樹|検証、2012MLB日本人選手‐16



黒田博樹の真骨頂は、「試合を作る能力」という言葉に集約できるだろう。胸のすくような快投はそれほどない。見せ場も作らない。けれども、試合をぶち壊さない。指揮官にとっては、頼りがいのある投手なのだ。
続きを読む

37歳にしてキャリアハイ、黒田博樹|検証、2012MLB日本人選手‐15



黒田博樹は今、売り手市場にいる。ニューヨーク・ヤンキース=NYYは、黒田に1年1330万ドルのオファーをした。今期の1000万ドルを上回っている。新制度である「クオリファイング・オファー」を適用、NYYにとって最重要な選手という扱いだ。
続きを読む

実力発揮できず、五十嵐亮太|検証、2012MLB日本人選手‐14



五十嵐亮太も故障に泣いた投手だと言えよう。今やMLBでは「終わった投手」の扱いだ。
続きを読む

失敗に学んでほしい 西岡 剛|検証、2012MLB日本人選手‐13



すでに西岡剛のMLB挑戦については何度も取り上げた。骨折、ミネソタ・ツインズ=MINの凋落という不運にも見舞われたが、実力が出せなかったのは本人に起因する。
続きを読む

松坂大輔の轍を踏むな 和田毅|検証、2012MLB日本人選手‐12



和田毅は、今年4月に左ひじの違和感のためDLに入った。さらに左ひじ靭帯を断裂したために5月にトミー・ジョン手術を受けた。今はリハビリテーション中である。
続きを読む

目標は200イニング、チェン・ウェイイン|検証、2012MLB日本人選手‐11



今年のボルチモア・オリオールズ=BALは先発投手を固定せず、調子のよい投手を起用するという異例の用兵だった。その中で、チェンだけがシーズンを通して信頼を勝ち得ていた。
続きを読む

先発の柱に チェン・ウェイイン|検証、2012MLB日本人選手‐10



チェンは、日本育ちの投手である。まだ台湾の大学生のときに大豊泰昭にスカウトされ、中日にやってきた。エース級の投手となってMLBへ渡った。彼の活躍は、NPBの投手のレベルの高さの一端を示した。かれもMLB日本人選手の中で紹介したい。
続きを読む

課題は明白、ダルビッシュ有|検証、2012MLB日本人選手‐09



わずか1年でMLBの野球を理解し、「答え」を出したダルビッシュ。来季、先発の柱になるのは間違いがない。
続きを読む

ダルビッシュ有はここまで変貌した|検証、2012MLB日本人選手‐08



ダルビッシュ有にとって、今年は「通用する球」を吟味しながら、独自の配球を組み立てていく作業を繰り返す1年だった。そして、一定の「正解」を見出すことができた。
続きを読む

冒険のようなシーズン、ダルビッシュ有|検証、2012MLB日本人選手‐07



ダルビッシュのMLBデビューは、決して鮮やかとは言えなかった。NPB時代の無敵の表情は消し飛び、苦しいスタートだった。それからの登板にも物語があった。
続きを読む

すべてのことが起こった、ダルビッシュ有|検証、2012MLB日本人選手‐06



ダルビッシュのMLB挑戦は、今年の日本の野球ファンにとって、最大の関心事だった。事前に、さまざまな予測がされ、懸念材料が並べられた。終わってみると、そのすべてが起こったと言ってよい。
続きを読む

上原浩治がいたら…|検証、2012MLB日本人選手‐06



故障がちだが、投げるときはほぼ完ぺき。今年の上原を表現するなら、こういうことになる。上原の今季の戦績。
続きを読む

達人の領域、上原浩治|検証、2012MLB日本人選手‐05



MLBのアナリストにとって「最も優秀な日本人投手」は、黒田博樹やダルビッシュ有ではなく、上原浩治ではないかと思われる。抜群の数字をもっているからだ。
続きを読む

不思議な投手、建山義紀|検証、2012MLB日本人選手‐04



今日現在、建山義紀は、テキサス・レンジャーズのアクティブロースターに入っている。ワールドシリーズが終われば、当然身分は変わるだろうが、この成績でシーズン終了までMLBに居続けたということが、一つの不思議ではある。
続きを読む

岩隈久志、シアトルに適応|検証、2012MLB日本人選手‐03



岩隈の戦績を試合ごとに追いかけていこう。今季は救援で14試合、先発で16試合投げている。6月末で仕事がきっちり分かれている。
続きを読む

結果を出した岩隈久志|検証、2012MLB日本人選手‐02



2012年の岩隈久志の成績を振り返っておこう。ざっくり表すなら雨のち晴れ、というところだろうか。
続きを読む

川崎宗則FAへ|検証、2012MLB日本人選手‐01



予想されたことではあったが、川崎宗則がシアトル・マリナーズ=SEAからFAとなった。おそらくNPBに復帰するものと思われる。
今年のMLB日本人選手の検証は、この川崎から始めたい。
続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ