野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

2013MLBペナントレース

テキサス残った!しかしダルには勝ちつかず。|2013MLBペナントレース



MLBでは毎年のように、こんな凄い試合が行われている。戦力均衡、そしてペナントレース編成の妙だ。クリーブランド、タンパベイ、テキサスが2つのワイルドカードをめぐって0.5差でひしめいて最終戦。テキサスの投手はダルビッシュ。
続きを読む

二岡智宏、戦力外通告|2013NPBペナントレース



今季は引退する選手、戦力外になるベテラン選手が多そうだ。時代の区切りに当たるのだろう。きっちりと紹介したい。二岡は一昨日に戦力外通告。
続きを読む

岩隈、三塁踏ませず。有終の美の14勝|2013MLBペナントレース



一昨日の岩隈の登板、紹介が遅れて申し訳ない。結局、日本人投手の中で最もスタミナがあり、安定感があったのはこの投手だった。
続きを読む

松坂の去就は?3勝目|2013MLBペナントレース



良いときの松坂は、マウンドで飛び跳ねるような躍動感があるが、若干そういう部分が見えた。
続きを読む

黒田、13敗目、残念な200回越え|2013MLBペナントレース



黒田は最終戦登板の可能性はあるが、チーム状況を見れば、昨日がシーズンの最終登板になりそうだ。不運な登板も多かったが、最後は残念な結果に終わった。
続きを読む

イチロー、月間打率1割台の深刻さ|2013MLBペナントレース



9月に入ってから、イチローは10本しか安打を打っていない。単なるスランプではなく、ラギュラーを外れ、補助戦力へと格落ちを余儀なくされている感がある。
続きを読む

黒田QSも12敗、ついに負け越し|2013MLBペナントレース



102球のうち、奪った空振りは実に15球。球は切れていたし、力感があった。しかし全体として疲労感が漂っており、気力だけでは勝てないことがまた証明された。
続きを読む

乱調ダルビッシュ13勝、たまにはバックスに助けられることもある|2013MLBペナントレース



ダルビッシュは苛立っていた。捕手のサインを覗き込むような素振りを何度も見せたし、余裕の無さが顔に出ていた。
続きを読む

岩隈、バーランダーに圧勝、13勝目|2013MLBペナントレース



岩隈のシンカーは黒田のそれとはかなり違う。黒田が「く」の字でかなり手前から曲がるのに対し、岩隈は「し」の字に近い。手元でゆるっと曲がる。あまり多投しないが、この球も有効だ。
続きを読む

ウラディミール・ゲレーロ、引退|2013MLBペナントレース



ウラディミールというのは、ホロヴィッツなど東欧の名前だと思っていたが、カリブ諸国にもあるのだと知ったのは、この選手からだ。バレンティンははるかにあとに出てきた。
続きを読む

イチローの黄昏 守備面|2013MLBペナントレース



イチローの守備面を見ていこう。
続きを読む

イチローの黄昏 打撃面|2013MLBペナントレース



イチローのプレーを見るのが、ちょっと辛くなっている昨今だ。いろいろな意味で衰えが見えるからだし、あの誇り高き佇まいにも少し変化が見えるように思えるからだ。
続きを読む

ダルビッシュのどこが悪かったの?9敗目|2013MLBペナントレース



顔を見るのも嫌なオークランド、しかも彼らはチャンピオンに向けて着々と地歩を固めている。捕手は引き続きソト。ピアジンスキーはDH。続きを読む

岩隈、芸術的な投球も、勝敗つかず|2013MLBペナントレース



岩隈は投法を明らかに変えている。シンカーを主体とし、スプリッターを併用して詰まった打球を打たせていた。カーディナルスとの楽しみな対戦。
続きを読む

黒田、オルティーズに魅入られ11敗目|2013MLBペナントレース



調子は良くなかったとは思う。頑張ろうと思うときにギアが入らない。しかし、ボストンとの相性も最悪だ。
続きを読む

上原浩治はボストンで何が変わったか?|2013MLBペナントレース



では、上原の無走者投球記録を詳細に見て行くことにしよう。今日の投球も大急ぎでデータに加えた。これで11.1回無走者。34人連続だ。
続きを読む

上原浩治の快投は歴史的か?|2013MLBペナントレース



昨日のタンパベイ戦も1.1回を投げて無安打走者なし。19セーブ。これで10.1回を投げて1人の走者も出していない。すごい記録ではある。
続きを読む

ダルビッシュはどんなときに本塁打を打たれているか|2013MLBペナントレース



これもリクエストから。なかなか面白いことが見えてきた。
続きを読む

MLB投打の平均値と日本人選手|2013MLBペナントレース



ブログや図表を作るのは大変だと思ったことは無いが、ネタが思いつかないことがある。「こういうデータを見たい」というリクエストをいただくのはありがたい。
今日はリクエストネタを2つ。まずはMLBの平均値と日本人選手。
続きを読む

ダルビッシュ好投するも見殺し8敗目|2013MLBペナントレース



実に楽しみな顔合わせ。20年ぶりの勝ち越しを決めたばかりのピッツバーグとの対戦。でも、よく見ると、この間、ノーヒットノーランの夢が破れた直後にダルから一発を打ったモーノーが4番に座っている。「先生、頼みますぜ」用心棒みたいである。
続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
Toyokeizai
sportiva
Full
yakyuiku-Logo
spportunity
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ35年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ