野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

NPB

阪神は、もっと頭を使って外国人選手を補強せよ



阪神タイガースの経営陣が大幅に刷新されたという。
スポニチ
四藤慶一郎球団社長(57)が退任し、代わって電鉄本社取締役の揚塩健治氏(57)が球団社長に就任、他に高野栄一球団本部長(54)ら常勤役員4人が退任する異例の大刷新で、3年目の来季、優勝を目指す金本知憲監督(49)体制を支える。(中略)四藤社長は近年の外国人など補強面の失敗が問題視されていた。続きを読む

11月5日時点の戦力外、退団選手 セ・リーグ



セは巨人が大量に選手の首を切った。優に1チーム分はある。
続きを読む

11月5日時点の戦力外、退団選手 パ・リーグ



日本シリーズが終わって第2次の通告期間に入った。11月15日はトライアウトだから、それまでにまだ出るだろうが、ここまでの顔ぶれ。続きを読む

大団円



この死闘を、明日も明後日もずっと見ていたいと思った人も多かったのではないか。第6戦は5戦に続き、シーソーゲームとなった。

すいません、たくさん間違いをチェックされました。自分のあほさ加減に嫌気がさします。続きを読む

松坂大輔、ソフトバンクを退団へ



残留間違いなし、という報道がけっこうあったが、結局退団のようである。
スポニチ
ソフトバンクの松坂大輔投手(37)が、来季の戦力構想外となり退団することが3日、分かった。日本シリーズ終了後にも発表される。15年8月に右肩の手術を受け、復帰を期したが、3年契約最終年となる今季は再び、右肩の不調を訴えて1軍登板さえなかった。本人は現役続行を強く希望しており、国内球団を中心に移籍先を探すとみられる。続きを読む

DeNAが引き寄せたもの



NPBは胸をなでおろしていることだろう。12球団の会費が1球団当り1億円から1000万円に減額される中で、日本シリーズはオールスターゲーム、侍ジャパンと並ぶ3大収入源なのだ。これが4試合で終わらなくて本当に良かった。続きを読む

プロ野球選手が11月にすべきこと



2月のキャンプから8か月も同じチームで野球をし、同じ顔ぶれと生活を共にしてきたのである。
もう十分だろうと私は思う。こんなことをしているから、日本のプロ野球選手は、サラリーマンみたいになるのだ。続きを読む

日本にしかない「秋季キャンプ」



日本シリーズを戦っているソフトバンクとDeNA以外の10球団は秋季キャンプに入っている。
昔は、そういうものはなかったが、今や全チームがこれを実施している。続きを読む

育成ドラフト選手の戦績4 DeNA



DeNAの育成選手は、結構活躍している。実績があると言えるだろう。

続きを読む

育成ドラフト選手の戦績3 西武



西武ライオンズは、育成選手をあまりとらないが、日本ハムのように全くとらないわけではない。続きを読む

育成ドラフト選手の戦績2 広島



広島が育成枠で指名、獲得した選手は16人。その戦績を見ていこう。

続きを読む

開き直れ!ラミちゃん監督



昨日の日本シリーズ、ビデオ判定で決勝点が入ったのは「いまどき」ならではだと思った。続きを読む

育成ドラフト選手の戦績1 オリックス



ご要望もあったので、育成ドラフトで入団した選手がどれだけ実績を残したかを調べてみる。続きを読む

セ・リーグ出塁数50傑



セ・リーグの安打、四死球の合計(HBB)のランキング

続きを読む

パ・リーグ出塁数50傑



日本シリーズが終われば、MVPの投票がある。今年も不満が残る結果になるのではないかと今から予測するが、その資料として、両リーグの出塁数の50傑を出しておく。

続きを読む

なぜJリーグはドラフト制度がないのか、から見えてくる話



THE PAGEに興味深い記事が載っている。
日本の二大プロスポーツであるサッカーになぜドラフトがないのか、について説明している。
今更ですが清宮で気になった。なぜJリーグにはドラフトが存在しないのか
続きを読む

複数のドラフト指名選手を出したチーム



今回の100人以上の指名選手のうち、同じチームから指名されたケースが10組ある。これを確認しておこう。続きを読む

今季のドラフト総括。セ・リーグ



セ・リーグの方が多くの選手を指名した。続きを読む

今季のドラフト総括。パ・リーグ



いろいろな傾向が見えてきた。今季のドラフトを俯瞰しておこう。パ・リーグから

続きを読む

「人の不幸」で視聴率を稼ぐTBS



昨日のドラフト会議は、新幹線の中で、公式サイトやラジオから情報を取りながらチェックした。テレビ中継は見なかった。観なくても全く問題はない。

続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
広尾晃の新刊!
スポンサードリンク
2017今頃タイトル予想
imagoro
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ34年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
女子野球ドットコム
com
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ