野球の記録で話したい

Baseball Stats Lounge

WBC

しょぼすぎる完全試合

IMG_0338-L


欧州代表対侍ジャパン、こんなに見どころがない試合も珍しいのではないか。続きを読む

昨年、地上波視聴率を独占したのはWBC

810bqSXGBVL._SL1500_


2023年の全番組の年間視聴率ランキング、結構衝撃的なものになっている。続きを読む

侍ジャパン監督は「教えちゃいけない」



今朝の「サンデーモーニング」で落合博満は言っていた。非常に興味深い見方だと思う。続きを読む

結果次第では、井端弘和監督で「WBC」もあっていいんじゃないか?



記者会見で、井端新監督は緊張の面持ちだったが、私はかなり期待している。指揮官に必要なのは、大物とか、スターとかそういう「箔」よりも実務能力だと思うからだ。続きを読む

井端弘和監督、いいんじゃないか?



私は「有名選手=監督」という図式がもともと気に入らなかった。選手としての資質と指導者の資質は違うはずだからだ。続きを読む

WBC2026監督は工藤公康



妥当なところではないだろうか?栗山英樹続投は、本人にとって何のメリットもない。イチローや松井秀喜は御冗談でしょうである。続きを読む

「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」は「映画」だった



スクリーンが12あるシネコンで見たが、平日にもかかわらず「ほぼいっぱい」、一番の入りだった。続きを読む

韓国プロ野球の「貧すりゃ鈍す」 下


この本は必読である。

日韓関係が、安倍晋三、文在寅という強硬派のリーダーの登場で、戦後最悪と言うほど冷え込むなかで、日韓の野球交流も急速に小さくなった。続きを読む

韓国プロ野球の「貧すりゃ鈍す」 上



韓国プロ野球(KBO)で、今になってWBC韓国代表の行状が大問題になっている。続きを読む

第5回WBCから変わっていきそうなこと



相変わらず野球人、野球関係者に話を聞く日々ではあるが、3月以降、WBCについて口にする人が本当に多い。続きを読む

大谷翔平って何者?



今回のWBCには、凄腕のプロモーター、演出家が関与していたと言われる。ダルビッシュ有や大谷翔平がアメリカラウンドで投げることができたのも、彼らの手腕だと言われている。続きを読む

「控え選手」を経験すること



今年の1月、横浜市内で高橋由伸の講演を聞いた。講演と言っても自ら話すのではなく、アナウンサーの問いかけに応じて答える形で、頭にあまり入ってこなかったのだが、最後の方で非常に心に残る話をした。続きを読む

WBCのやや不都合な真実



BBCが、ジャニー喜多川による性被害について赤裸々に暴くドキュメント番組を作り、世界に大きな反響を与えたが、日本のメディアは右から左まで黙り込んだままである。続きを読む

松井裕樹はダメだったのか?



Number Webに栗山英樹監督の采配について記事を書いて、そこそこの手ごたえを貰ったのだが、ヤフコメに「松井裕樹は何をした」みたいなコメントがいくつか並んだ。続きを読む

日本流「スモールボール」はもういいんじゃないか!



スモールボールは日本のお家芸と言われてきた。日本野球の精神的支柱となった早稲田大学監督の飛田穂洲は「一球入魂」という言葉で有名だが、体格に勝る外国人を相手に日本が勝つためには、四球で出塁し、バントで送って転がして少ない点を取り、それをエース中心に守ることが大事だと言った。続きを読む

WBCの日本優勝は「勝利至上主義」ではない



たまたま「優勝してしまった」ために、歯切れの悪い言い方になるが、今回の日本は「勝利至上主義」で世界一になったのではない。続きを読む

グッドルーザー、メキシコ



侍ジャパンが、今回のWBCで最も苦戦したのは準決勝のメキシコ戦だ。続きを読む

日本は日本のやり方がある?



このブログは「私が好きな野球」についてあれこれ書くだけのブログではない。もちろんそういう部分はあるが、同時に「野球の未来」について書いてきたつもりだ。続きを読む

WBC知らなくても非国民じゃないよ



芸能人や有名人が「WBCなんて興味がない」と言って、ネット民に叩かれている。「非国民」的な非難もされているし「盛り上がりに水を差すな」などと言われている。日本人のつまらないところだ。続きを読む

WBCのビジネス的側面



WBCは創設当初から極めて商業的な大会ではあった。収益の大部分はMLBとMLB選手会に入る。このためNPBの選手会は当初、参加に反対した。続きを読む
スポンサードリンク
参照サイト
Puroyakyukiroku
連携しているサイト こちらもごひいきに
Number-Web
Toyokeizai
yakyuiku-Logo
広尾晃の新刊!
81iaVJGAvhL._SL1500_
スポンサードリンク
フリーワード検索
プロフィール
最近メディアからいろいろお話をブログにいただくようになりました。迂闊なことに、殆ど対応できていませんでした。ご連絡は下記までお願いいたします。

baseballstats2011@gmail.com

広尾晃と申します。

ライター稼業をして、かれこれ40年になります。

2009年1月に、SportsNaviで「MLBをだらだら愛す」というブログを開設、12月には「野球の記録で話したい」を開設。多くの皆様にご愛読いただきました。2011年11月、livedoorに引っ越し。基本的な考え方は変わりません。MLB、NPBの記録を中心に、野球界のことをあれこれ考えていきたいと思います。多くの皆様に読んでいただきたいと思いますが、記録や野球史に興味と尊敬の念を持っていただける方のサイトにしたいと思います。特定の球団のファンの方も大歓迎ですが、「ひいきの引き倒し」的な論調には与しません。

広尾晃はペンネーム。本名は手束卓です。ペンネームは、小学校時代から使っていました。手束仁という同業者がいるので、ややこしいのでこの名前で通しています。ちなみに手束仁はいとこです。顔もよく似ています。
私が本名を隠しているかと勘違いして、恐喝のようなコメントを送ってくる犯罪者まがいがいるので、あえて公表します。


2012年11月「クラシックSTATS鑑賞」を独立したサイトにしました。

Classic Stats


野球以外で書いている、兄弟ブログです。こちらもぜひどうぞ。↓

59Title



常時参照させていただいているサイト

http://mlb.mlb.com/index.jsp
http://www.baseball-reference.com/
http://www.npb.or.jp/
http://espn.go.com/mlb/
http://www.fangraphs.com/
http://www.thebaseballcube.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/

badge


人気ブログランキングへ

野球の記録で話したい(旧サイトはコチラ)

カテゴリ別アーカイブ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ